2018年02月06日

あんまり寝てないマン

こんにちわ、地獄のミサワマンです。
いやー寝てないわー
36時間で、2時間しか寝てないわー

チラッチラッ


お疲れ様です、ブラックマンです。




【建築業は辛いよ】
ここのところ夜勤続きで、へとへとです。

今現在でわたくし7現場ほど掛け持ちしておりまして、
それだけでも「!?」でてんてこまいなのに、夜勤の現場が動き出すことによって、日勤からの夜勤からの日勤みたいなスーパーコンボが発生したりします。
ふへへ。


ブラックマンが夜勤だからって他の現場は待っちゃくれません。
夜勤明けでそのまま県超えの移動をして8時から皆んなでラジオ体操したりします。

「顔色良いか」
「ヨシっ」

つってね。



「健康状態は良好か」というアンケートに対して、「良い」にぐりっとマルをつけたりする。



さらにずっと現場にいればいいわけではなくて、いわゆる施工管理の類ですので、様々な事務仕事も多数抱えます。
そのため、わざわざ会社に戻ってなんやかんやする必要があったりなんだったり、
誰もいない丑三つ時の会社って、とってもシュール。

と思ったら上司が明け方くらいに出社してきて度肝抜かれたりする。
たいがいにしとけと。



おかげで慢性的な寝不足を超えてハイな感じになったり、
車の運転中にブラックアウト(ウトウト)して肝を冷やしたり、
身体中に蕁麻疹が発生してカユイカユイだったり、
胸焼けが収まらず変な吐き気とか生唾が湧いてきたりとか、
ヒゲが伸び放題になったり、
少し痩せて喜んだりする。


仕事がひと段落ついて「やっと寝れる」と思ったら変に目が冴えて眠れないとか、
やっと寝たと思ったら取引先からの電話で起きてそのまま活動を開始するとか、
寝てる間も小刻みに目が覚めて着信履歴やメールを確認してしまったりするとか、


なんかもう色々やばめ。
過労待った無し。
心と身体が緩やかに乖離していくのである。

うそうそ、そんなことないよ。へへ。



しかしまあ、そこそこキツめの労働環境に身を置いてるのは間違いないと思う。自負している。
見方によってはブラックと呼べるであろう。
ていうかブラックだろう。


前にいた糞リフォーム業の糞ブラック企業と変わんないじゃんって。
そういう風に見えるかもしれないのだが、しかしながら、今のわたくしは充実している。

なぜか?
答えは簡単。



簡単な答えの箇条書き

・給料に満足している。
まずはここから。
これが伴わなければ、全てが無に帰す。


・休み増えた。
会社自体は土日祝休みなので、休む権利がある。
そうは言っても休日出勤を完全に避ける事は難しいが、それでも休み増えた。


・自分の裁量で代休をとって良い。
休日出勤した分は代休を自由にとって良い。
そうは言ってもなかなかとれないものではございますが、ふと空いた隙間にサクッと午前休とったり出来るので助かる。

もっと言うと休日出勤が発生しないようにコントロールする自由があるわけだが、そもそもその事自体が、前の糞ブラックリフォーム企業とは異次元のアレがナニだ。


・助け合いがある。
会社の人たちは仲間なので、困った時は助け合いだし、みんな忙しい中でも互いにフォローの精神がある。
当たり前なのだが、前の糞ブラックリフォーム会社はそれが無かった。
あまつさえ、わからない事・できない事を小馬鹿にされる始末だった。


・強制されていない。
自分の自由意志で業務に取り組んで良い環境。
当然率先して行動していく必要があるわけだが、個人の裁量に任せてくれている。
放置と呼べなくもないが、困ったら助けてくれるわけだから、放置とは全然違う。
行動の一挙手一投足についていちいちバカにされたり、ダメ出しされたりしない。




うーん、そんなところかなあ。
でも蕁麻疹かゆいかゆいと胸焼け吐き気は問題だから、なんとかしないとね。
世の中は建築ラッシュなんだそうですよ、皆さん。
リース屋さんの在庫から敷き鉄板が姿を消すほどに。






にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

友人の会社が倒産しそう

こんばんわ。
ブラックマンです。

寝るのが好き。
寝るのが大好き。
寝てる時が安らぎ。
ずーっと寝ていたいんだから、もうわたくしに電話なんてかけてこないで下さいよ。
うるさいなあ、もう。

なーんちゃって。
ふふふ。

いや、まじで。
まじで。
お願いだから、工期を短縮する話を二度としてこないで下さいよ…

つぉーい!
とぁい!
エンッ

どうも、ブラックマンです。


建築の現場で働いてると、色んな人がいますね。



・海千山千タイプ
人のせいにするのが上手な厚顔無恥タイプ。
仕事の話をする時は前向きだが、約束は平気で破る。
人として腹立たしいが、頭の回転は遅くなく、言い訳はたつため厄介。
そういう人間に成長するに至る過程を窺わせるのが哀しい。

・お山の大将タイプ
悪いやつではない。
こちらが上下関係をわきまえてきちんと敬って接していれば、色々面倒見てくれたりするのでありがたい。
ただし話が長く、いつも褒められたいオーラが漂うので気を使う。

・まくしたてるタイプ
早口にまくしたて、こちらに話させない事で主導権を握ろうとするタイプ。
イライラした態度を見せるのも得意。
まともな会話がなかなか成り立たない為、厄介。

・約束を守らないタイプ
なぜ「守れるはずだったけど、守れなくなってきたかも」の段階で言ってくれないのか本当に謎。
よくわからない。

・仕事が終わってないのに黙って帰るタイプ
なぜ「終わるはずだったけど、終わらないかも」の段階で言ってくれないのか本当に謎。
よくわからない。

・真面目タイプ
融通がきかないのでめんどくさいが、真面目なので憎めない。
真面目が故に頑固な場合がある。

・いい人タイプ
いい人。仕事もちゃんとする。めんどくさくない。フォローしてくれる。いい人。
みんながいい人だったらいいのになあ。





すごい脱線したね。
友人が勤めている会社が潰れそうです。


最近の出来事
・給料が遅れた
・社長に金貸してくれと言われた

だそうです。


い、いかん
どうしたものか


ではおやすみなさい。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。




posted by ブラックマン at 00:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

鬱な友人と生活保護

お疲れ様です。
ブラックマンです。


過去の職場(販売職)で一緒だった友人で、鬱っぽい人がいました。
当時からお医者様にはかかっていたらしく、お薬の服用もしていたようです。
辛い時には、過呼吸みたいになって職場で倒れてしまったりしておりました。


当時から大変心配したものですが、最低限の手助けはできるけど、自分に根本的にどうにか出来る問題でもなく、
ごめんね、だいじょうぶ?、ありがとう、ごめんね、だいじょうぶ?ありがとう、これらのやり取りを何かある毎に繰り返しながら、じわりじわりと容態は悪化しているように感じつつ数年が経過していったのでした。


当時のお仕事の内容はいわゆる販売職でして、店頭に立ちお客様にお声がけ接客し、提案販売を行うという類のものでした。
また、その職場で働く人々は多くが派遣社員もしくは契約社員であり、正社員で雇用されている人は一握りの存在でありました。
元々「頑張り次第で正社員登用」という類の雇用形態のため、その友人を含め多くの人が正社員化を目指して勤務しておりました。
販売員への評価は勤務態度から何から色々あるにはありますが、究極はやはり数字になります。
どれだけ売ったかが一番重要であり、やり方はどうあれ売れば正義という側面もありました。
仲間内でも常にライバルのような状態で、誰が一番売ってるとか、あの子は売り上げが悪いとか、成績次第で一喜一憂です。
当然ながら目標という名のノルマがあったり、売れていなければ叱責もされますし、プレッシャーもそれなりにありました。



そのうちにわたくしはその職場を離れ、ここ2年ほどはたまに近況連絡を取り合う程度で、疎遠になっていたのですが


直近の話では、やはり仕事を続ける事が難しく、数ヶ月の休職期間をはさみ、最近では仕事も辞め、生活保護を貰い、静養するようになったそうです。



うむ、それは良い事だ。
大いに休んでほしい。

不正受給だなんだと問題にもなりがちな話題ですが、こういう生活保護なら大賛成です。


詳しくは割愛しますが色々なハンデを背負った感じの苦労人であることはわたくしも認めるところの人物ですので、
少なくともわたくしの中では、大抵のことは許されるべき人である。
鬱は甘えなんかじゃないぞ。


これからも山なり谷なり紆余曲折あるんだろうけど
あまり自分を責めすぎることなく
平穏な心を取り戻してほしいなあ。


再就職の時には、何か力になれるといいなと思っている。
漠然と、なんのツテもないけど。


不正受給はダメ、絶対。








にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。

posted by ブラックマン at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする