2018年09月01日

ブラックマン、心の闇を吐露。あとたぶやんのこと。


ADE80848-EFAD-4406-9274-32A72B9045B1.jpeg

レトロゲーム実況と言えば、もっぱたぶやんよね。
たぶやん最高好きだぁんね。
適度なカット、真面目なプレイ、適正な音量バランス、適した声質、レトロゲームの趣味。
言うことありませんね。
あれ…?これってもしかして…ファンってことなのけ…?

https://www.youtube.com/channel/UC26E84mYuLo27yO-ivsmBdg



お疲れ様です。
ブラックマンです。

20代までは、ずっと接客や販売の類の仕事しかしてこなかったわたくしですが
30代から心機一転、建築の世界に勤めております。
あれからもう3年も経つんだなあ…。


建築の世界には、多様な資格が存在します。
有名どころだと建築士だの施工管理技士だのありますが、
細かいところでは、玉掛けだの、溶接だの、クレーンだの、高所作業だの、なんだのかんだの、たーくさんあります。
(厳密に言うと、資格というよりは講習の修了証といった方が正しいのかも知れない)


この辺の細かいところの資格は、試験勉強なんてそんな大それたもんではなくて、何日かの講習を経て、形式のような試験を受けて、それで簡単に付与される類のものが多いです。

その辺の工事現場によくいるドカタのアンチャンみたいな方々も、経験に応じてそれは多様な資格を実はお持ちだったりします。


それでですね、わたくしも「職務上必要とまでは言わないが持っていた方が何かと良かろう」という会社の思惑により、
そんな感じの細かいところの資格の一つを取るべく講習に通っています。

余談だけど、その講習から試験の数日間は日中完全に拘束されるので、通常業務には影響ありまくりだったりします。オウフ。



話を戻します。

そんな講習ですので、今年入社の一年生かな〜みたいな若い方から、中途採用っすか〜みたいなおじさんまで多様なる人々が集まっているのです。



そんな中の、ひとりの若者の話。

今日はその講習の中での、いわゆる「実技の試験」の日でした。
といっても、予め決められた工程を、工程通りに速やかに行うという類の物であり、
事前にがっつり練習させられるので、そう大した内容ではありません。


ただ、この工程が一つは一つは単純なくせに、数ばかりやたらとある。
やれ合図が抜けただの、やれ指差し確認が抜けただの、そんなんがいちいち減点対象となり、
いかに練習を積んだとはいえ所詮は一夜漬けのようなもの、若者からおじさま連に至るまで皆が皆、抜けや漏れが発生しがち。
そんな感じのアレ。


みんな失敗を積み重ねて落ち込んだり開き直ったりしている中、その若者の順番が回って来たのです。

「落ち着いていきましょう」
わたくしは声をかけました。
すると彼は、ニヤリと笑みを浮かべ、こう言ったのです。


「ノーミス狙ってますんで(ニヤリ)」



あっ…

その時、わたくしは直感したのだ。
こいつは、わたくしが苦手なタイプの人間だと。

これはもはや、いくら説明しても、誰にもわかってもらえまい。
何が苦手なのか?自信があって、結構なことじゃないか。
自分でもそう思う。

これ以上、説明すればするほどに、自らの矮小さを晒すだけだと言うことは、わかっとる。
それはもう、じゅうーにぶんに、わかっとる。
でも言うのだ。
何故ならここは、わたくしのプライベート吐露空間だからである。
だから、いっいんでぇ〜っス。
ブラックマン国なんでぇ〜っス。





そしてその若者は、実際にノーミスでそれをやってのけたのだ。(多分)(先生の採点はわからないけど、わたくしの見た限りはノーミス)




ここからは、完全にわたくし個人の個人的な見解であり、何なら妄想である。
それをご理解の上でお目通し頂きたい。



彼は「勝ちたい」のだ。
「勝つ」事にこだわる人間なのである。
勝たないと意味が無いのだ。
だから、そのためにすごく人よりも努力したのだろうし、これまでも努力してきたのだろう。
それと同時に、頭の回転とか才覚とか色々あるんだろうけど。
とにかく、優秀なタイプと見た。


あくまでもわたくしの経験上だが、優秀なタイプの人と言っても、何種類かいる。
個人的には能力が高く調和を取れるリーダータイプが望ましいのだが、孤高の戦士タイプもいる。

彼は後者だ。
わたくしの嫌な思い出の経験則から成るアレが、ビビビと直感したのだ。


このタイプの優秀な人間は、おおよそ人を見下すようになる。
「勝てない」「勝てなかった」人間を卑下したり馬鹿にしたりするようになるのだ。


なんで?って言われたら困るんだけど…。
経験上、そうなんだよなー。
出来ない人間を「悪」とする傾向がある。

出来ない事は申し訳ないし、そりゃあ良くはないけど。
大体、「出来ない」事を容赦なく責めるのは、こういうタイプだ。

つまり、「なんで出来ないのか」が理解出来ないからだ。
そして、理解するつもりも無いからだ。



たくさんの受験生がいて、たくさんの人が失敗を犯した。
もちろん、誰しも好き好んで失敗したいわけでは無い。
残念ながら失敗したのは失敗したので事実なんだけど、そこに至るまでには必ず失敗しないための努力が介在する。
(稀にマジで努力してないタイプもいるけど)


だが、彼に言わせればそんな努力は無意味だ。
結果が全てなのだから、失敗したら意味無いんだ。

彼はこう思っていた事だろう。
失敗した同士で傷の舐め合い?ごめんだね。

(もう一回言うけど、ブラックマンの妄想だからね)


とても短絡的な結論を述べると、つまり他人の気持ちを考えるとか、思いやるとかが下手なタイプだ。
ドンマイではなく、出来る方法を一緒に考えようではなく、普通出来るだろう、出来ないと意味がないだろうで容赦なく切り捨てる。
そういうタイプだ。

ちなみにこういうタイプの人は、他人の意見に耳を貸す事も嫌いだ。
ただし、他人の意見を否定したり論破したり躍起になる事は好きだったりするのだ。
ああもう!いい加減にしろー!!!

(くどいけど、ブラックマンの妄想ですからね)



彼がノーミス(多分)でやり切った時、わたくしは彼に声を掛けた。
「さすがですね」

周囲の受験者たちも賞賛していた。

すると彼は、特に笑みを見せるでもなく、謙遜するでもなく、賛辞に対する礼を述べるでもなく、ただ黙って席に着くのであった。

その無言が、全てを物語っていた。
そんな風に感じた。

仲良しこよしの無能で悪かったなあ、つって。


ブラックマン、36歳と一ヶ月の夏。






にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 01:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

社員旅行、賞与、そしてお盆

お疲れ様です。
ブラックマンです。
お久しぶりでございます。



【スーパーゲームボーイとは…!?】

B01CACDA-7216-42A1-84AF-3C3F72FEFFB4.jpeg

これです。
これに初代ゲームボーイのソフトを差し込むのです。
そしてこれをスーパーファミコンに差し込むのです。
するとですね、初代ゲームボーイのゲームがテレビの大画面で楽しめるというスグレモノ。
ハードオフでジャンク108円で購入しました。
ちゃんと動きました。



【社員旅行】
行ってきました。
人生初の海外…。
どうせなら家族で行きたかったなあと思いつつ。
なんだかんだ、悪くない旅でした。
行き先はアジアの島国です。
親日の国とは聞いてましたが、日本語でほとんど通じました。
「いくら?」と聞けば「よんひゃく」とか教えてくれるし、
「たかいよ」と言えば「にひゃく」とかにしてくれました。
してくれたっていうか、ボロうとしてたんだろうな。
それでもボラれてるのかもしんないけど。


【夏のボーナス】
出ました。

出ました…!

転職生活で何年か過ごしましたが、その間は当然賞与なんてありません。

販売職の頃は額面20万円に満たない程度の賞与がボチボチ出てましたが…

その後はスーパーブラックのリフォーム会社に転職するも、ブラックさに耐えかねて半年で離職。

知人の縁に恵まれ、次に勤めた会社は入社から僅か半年で経営が傾き、賞与の支給は見送りに。

家族会議の末に離職はなんとか踏み止まるも、その後はいよいよ経営が立ち行かなくなり給与の支給までも見送りの憂き目…

いよいよ転職待ったなし、そのタイミングで訪れた引き抜きの契機…

結局一年程度の勤務で離職し、逃げるように現在の会社へ…

昨年の夏に入社し、昨年の冬のボーナスは入社一年未満の理由でボーナスの支給は見送り…

満を持して迎えた夏の賞与


ついに、出ました。

どーん。

はいでた。
50万円。
どーん。


妻も喜んでいます。
良かった…本当に良かった…。

現在の勤め先はそんなにブラックでも無いし、やる気も出るというものですね。





※【そんなにブラックでもない】という表現について

やっぱり建築の世界なので、ブラックと言えばブラックです。
仕事量は半端じゃないし、一人で何現場持つのっていうくらい現場抱えてますし、
早出も自由、残業も自由、休日出勤も自由で大忙し。
だけど、代休も自由なのです。

フレックスというわけではないんだけど、自分の仕事は自分の裁量で自由に進めて良いので、時間を空けようと思えば、空けれます。
これが【そんなにブラックではない】の「さしすせそ」なわけです。

休日をちゃんと休みたいならそれなりの進め方をすれば良いというわけでして、
以前のスーパーブラックのリフォーム会社では、その自由は無かった。

早出は強制、残業は強制、休日出勤は強制で大忙し。
代休は甘えみたいな風土だったしね。

これを経験したからこそ、今の会社にも馴染めているのかもしれないな?と感じる事はありますけど。
対価もきちんとしてると感じるしね。
そりゃサラリーマンですから、そんなにドカーンとは儲からないですけど。




話が逸れたけど、そんな苦労の末に手にした念願の賞与…

妻が臨時お小遣いをくれました。

おお、嬉しい。


そのお小遣いで買ったのが、これです。




【ゲームボーイアドバンスSP】


9EE76A77-5801-41E1-A0CB-2706A591E588.jpeg

初代ゲームボーイのゲームと、ゲームボーイアドバンスのゲームが遊べます。
中古5000円。

お盆中はくにおくんのゲームをたまにやってました。
いいねえ、やる気出るねえ。







にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。

posted by ブラックマン at 09:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

夏のボーナス

お疲れ様です。
ブラックマンです。


暑くなりました。
夏ですね。
ビール飲み過ぎて水腹になりがちなこの季節。
いかがおすごしでしょうか。


F61E6AFD-EA4A-44B0-A796-DBEE2EA4C3CA.jpeg


最近わたくしのイビキが凄いらしくて、妻からクレーム貰ってます。
元々イビキ体質で若い頃から自覚があるのですが、最近は殊更に酷いとの話。(デブだから)

イビキが酷い人というのは、呼吸が止まってるとかどうとかで、人よりも眠りが浅く、寝不足になりやすいのだそうです。
ああ、道理で日中も眠たいわけだ。
(と思い込む)

しかしこれは、妻の子育ての心労と身労が相まって家庭不和の元凶にもなりかねない感じのやつですので、なんとかしなければというところ。

昔の記憶なんだけど、中川家の人もイビキがすごくて、なんだかすごい機械のようなものを枕元に置いて酸素マスクみたいなのを装着して寝ている様子がテレビで放映されていました。と思います。

イビキというのは根治が出来るものではないらしく、様々な対症療法のようなものがあって、
簡単なやつだと横向きに寝るとかそういうのなんだけど、横寝が効果が無いのは実体験で実証済み。

今は「中川家みたいなやつは導入に色々あれだから、とりあえずマウスピースがいいかな…?」とぼんやり考えながら、忙しさを理由に特に何も動けていません。
耳鼻咽喉科とかに行ってみてもいいのかなあ。
うーん。




さて、ボーナスの季節です。
出てる人はもう出てるのかな?その辺疎いんで、よくわかんないんだけど。
弊社では、まだ出ておりません。

ていうか、出るかどうかちょっと怪しい感じが漂っております…


またかよもう、もういいよ、この話題。
いったい何年間、(学生時代に適当に過ごしてきた自分自身の自業自得とは言ったものの)転職と共に同じ悩みを抱え続けなければならないのさ。


先輩によると例年は7月半ばとの事なので、そろそろの時期ですが…

会社からの告知が何もありません。


せめてあるか無いかくらいは教えてよ、ねえ。




冬のボーナスは出ませんでした。
理由を聞くと「入社半年未満だから」との事で、それじゃまあしょうがないか…と。

しかしこれも年末になっても何の告知も無いのでこちらから聞いてみたらやっと話が出てきた、という話です。


決して儲かってない会社ではないという実感はあるんだけど、何せ中小零細の事です。

でもなあー。
経営者の義務として出すものは出す、って言ったんだから、寸志みたいのでもくんないかなーって。
(入社時に社長に確認している)

出さないなら出さないで、予め理由とともに告知するとかさあ。
出すなら出すで、賞与査定について周知があったりだとかさあ。
そういうのがあってもいいと思うんだよね。

今月いっぱい、もしくは、ボーナス的なものを頂けるまでの間、妻の顔色を見ながら悶々と過ごさないといけないのかなあ。
あーあ。

そんなに気になるなら、社長でも経理でも聞けばいいじゃんとは思うんだけど、実際には心象ってもんもあると思うし。
なかなかそうずけずけとはいけない自分がもどかしい。

ていうかもうすぐ社員旅行じゃん。
旅費は積み立てだから別にいいんだろうけど、ボーナス的なあれが万一出ないんだったら、社員旅行なんて行ってる場合じゃないよ。
その分くださいよって話です。

我ながら、会社員にあるまじき発言だなあ。
でも真実です。

社員旅行はありがたいんだけど、経営層は優先順位についてもうちょっと考えるべきだよね。

という協調性に欠けた…個人的な…あれね…うん…。



まあ出ないと決まったわけでもないし、
愚痴ってもしゃーないんだけどさ。
なーんか、なーんかなーって、感じ。



【賞与が出たら】
え?僕が今欲しいものですか?
そうですね、スーパーゲームボーイですかね。






にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 07:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする