2017年02月27日

前金で払えと

お疲れ様です!
ブラックマンです!
こんにちわ!
こんにちわー
こんちわ!




とある、支払いが遅れた会社がありました。
あのー、うちが発注した仕事についての支払いを、待ってもらった会社ね。

わかりづらいなー。
なんてわかりづらい説明をするんだ、わたくしは。
キエー!


でまあ、タイトルのまんまなんですけど。
支払いが遅れます云々〜の話の前々から、その会社さんに請けてもらう予定で話が進んでいた仕事があるんですね。
で、そのお仕事については、前金で頂けないと、ちょっとお請けできませんよと。
そういう申し入れが、あちらの会社さんからありましたと。あったんですと。
まあ、そういう話です。


でも、このタイミングでお断りされてしまうと、今から他の業者さん探すなんて、至難の技なのです。
さて困った。
どうしよう。


前金で払えって?
払えるのかなあ…うちの会社…


普通はね、大抵の場合は、まずは仕事を完了させて、そしたら先方から入金があって、それでお支払いするようなイメージなんですよね。
そういう風になるような、締め支払い計算になってるわけです。大抵の場合は。


前金かあ…

平常時で多少なり体力ある状態ならまだしも、ついこの間、支払い待ってくれって言ってるくらいだからな…

払えるのかなあ…
資金繰りどうなってるんだろうなあ…

最近、銀行からの電話だの、調査会社からの電話だの、多いんだよなあ…

督促の電話じゃないだけ、まだマシか…



色々始まるのはまだまだこれからって、そう考えてます。
耐えろ。






話戻します。

もしこの仕事を請けてもらえなかったら??
そうすると、一体全体どうなっちゃうのか。


あの日までに立つはずだった、あのビルは、あの日までに立たなくなっちゃうんだろうなあ…


誰のせいで?
うちのせいで。


責任は誰がとるの?
うちがとります。


どうやって責任とるの?
わかりません。

わかりません。
わかりません。


どちらの会社さんの、どなた様にまで、どれだけ甚大なご迷惑がおかかりするのか?


日本語の使い方が変なのも気にならないくらい、何もわかりません。


あ、責任とれないんだから、結局、責任とるのはうちの会社じゃなくて、うちの上のあの会社だね。たぶん。
あのー、うちに発注してる会社さん。


うわー、とんでもない事になってきたなあ。
なっちゃうんだなあ。
これが他人事じゃないんだから、人生ってやつはおっかないね。

自分だよ、自分。
自分のこと。

どうするかなあ。
ねー。
どうしようかね。

泥沼感あるなー。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。





posted by ブラックマン at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

過去のクビ事例

どうも。
ブラックマンです。
ふふふ。
こんにちわ。


いよいよリストラくるのかーってな雰囲気の弊社の昨今ですが
まあ、そんなに大きな会社ではないので、過去にもそれに似た事例はあったようです。

ソースは、関係者談です。
うちの会社が危ないというのは、関係会社の間でも、もう出回ってるお話なんだそうで、取引先の方から伺う始末。
笑えるような、笑えないような。
いやいや笑えないでしょ。
心配してくれてさんきゅー、取引先会社のキミ!
あ、ごめん、うちの心配じゃなくて、そちら様への支払いの心配から派生した話だっつうのね…いやいや…わかってる…ほんとごめん…会社の一員として謝罪させて頂きま…え?…あ、そりゃわたくしに謝られてもしょうがないよね…ええ…わかってるんですけど…すいません…ええ…わかってます…



今みたく、運転資金に窮してってパターンもあるだろうけど、
単純に、給料分の仕事してなければ、それは精査の対象になるよねってパターン。
赤字続きの人を、ぬくぬくと養ってあげられるような大企業ではないのです。

でまあ、今現在のナンダカンダは置いといて
過去のクビ事例では

急に「おまえクビ」もあったみたいだよね、という話。


実際、バーンとクビ切っちゃって、そしたらそれは法律的にどうこうでしょって話もあるけど
でも、それを言い出せるかどうか、屈せず抗えるかどうかって話もあるわけで。

たとえば
解雇の不当性を主張して、裁判に勝ちました。
その結果、やったね!会社に居続ける事が出来る事になったよ!

でも、それで
円滑に仕事やれると思う?
周囲とうまくいくと思う?

価値観は人それぞれだよね。



泣き寝入りはしちゃいかんと思うよ。
でも、しゃーない事も、どうしようもない事も、世の中にはあると思うのね。

じゃあ、その時、うちの会社が、社長が、悪意のある退職勧告を行ったのか?という話でもある。

そんなの、退職勧告する方も、される側も、ぜーんぶ、状況次第だよなーって。
受け入れるか、争うのか。


難しいね。
人生って。
この社会ってやつはよお。
クソみてえなよお。
うめえよなあ。宝焼酎ってやつあよお。へへへ。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

リストラ敢行くるのか

転職サイト見るのだりいいいいい
だるいよおお
だるいよーん

どうも、
ブラックマンです。
別名クソマン。


転職サイト見るのつまんないよう。
嫌だよ嫌だよ。


そんなさなか
弊社ではついに口減らしが行われようとしているのであった。
たぶんだけど。


社長は、不採算の部門を切ろうとしている。
いや、切りたいなと考えている。
だが、その部門の人たちの事を考えると、踏み切れずにいる。
切らないといけない、会社が危ない、そう考えながらも、踏ん切れずにいるのだ。

しゃーない。
社長も人間だ。
切るなら早い方がいいと思うのだが、そうもいかないよね。

もし口減らしが行われるのだとしたら、ある日突然潰れてた系の倒産よりは前向きと言える。(たぶん)
今は不採算の部門に限定しているけども、もちろんわたくしが切られる可能性もあるでしょうよ。


だから、転職サイトを見ないといけないのだけど…
めんどくさい…
転職サイト見るの、すっごいめんどくさい…


どの求人を見ても、裏があるように見えてくる。
ブラック企業ばっかしに見える。
このサイトを作ってる人たちは、嘘つきばかりなのだから。きっとそうなのだから。


みんな、わたくしの経験上だけど、たとえ面接官が「残業ないよ」って言ったとしても、それは嘘だからね。
施工管理の仕事は、死ぬほど残業することになるから、みなし残業の会社に入るときは注意しろな。

残業代全額支給の会社だったとしてもだ、残業残業&休日出勤、なおかつ長期出張コンボのあれで家庭は崩壊しがちだからな。
注意しろよな。



求人の担当や人事なんて、人入れてナンボなんだから、多少の嘘は平気でつくからな。
注意しろな。


でも求職者も嘘つくしな。そういう時もあるだろうしな。
だから、会社を良く見せる嘘をついて、入社させたとしても、それは喧嘩両成敗。
お互いうまくやろうねって。


そんなわけねえだろ。
おい。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする