2017年03月30日

キャリアトレック(careertrek)使ってみた

お疲れ様です。
ブラックマンです。

春めいてきたような、でも毎日妙に寒いなーと。
そんな昨今ですが、ネットでチラと見かけた記事によりますと、ここ2週間ほど太陽の活動がストップしているとの噂です。
黒点が観測されていないんだそうで、まあまあの異常事態のようなお話でした。

ふーん。


ほふーん。





前回のあらすじ

転職活動にようやく重い腰をあげたブラックマンは嫌々ながらも転職サイト「キャリアトレック」の登録に挑むのだが、
のっけから【キャリアトレック[careertrek]は、キャリアを考えはじめた20 代のための、レコメンド型転職サイトです。】(原文ママ)という説明文を見つけてしまい、
「うわあ、いきなり「20代のための」って、明言してる…あたし30代だけど、平気かしら…ドキドキ…」

とドキドキしていたのだったが…!?



※男です。





キャリアトレック使ってみました。

いや、すまん、使ったというと語弊があるね。
登録してみたら、面接前提のスカウトメールだのおすすめ企業だの、色々メールが届くようになりました。
それで使った気分に浸っている今日この頃です。



キャリアトレックの登録自体は至って簡単でした。
名前とか生年月日とかメアドとかパスとか普通に入力していく感じで非常に簡単。
スマホからやりましたが、当然ながらスマホにも最適化されており、画面はわかりやすいです。
関係ないけど、ちょっと抵抗あったのが電話番号の入力とかかな。
リクナビとか、エン転職の時も入れたっけな??
覚えてないや。
それでもまあ、転職活動の為なら致し方なしでしょう。
深く考えず、さくさく入力し先に進みます。


そんでなんだっけ、最後の方で、ちょろっとだけ経歴とか経験職種の入力項目があったかな。
ただ、履歴書とか職務経歴書みたいなめんどくさい感じではなく、ほんとざっくり職種と年数入れるだけみたいな感じ?だったと思う。

※そもそもレビューしようとかの趣旨じゃないのでスクショとか撮ってないよ。
まあ簡単だったよとだけ。



で、登録完了したわけです。
そしたら、その翌日あたりから日々メールが来るようになりました。



何種類かあります。

・企業からのスカウトなるメール
・企業からの面接リクエストなるメール
・書類選考に通過する可能性が高い企業を紹介してくれるという親切なメール
・内定が出やすい企業をまとめてみましたという親切なメール
・ヘッドハンター(と呼ばれるエージェント)からの企業を紹介するメール
・レコメンド求人と呼ばれる、なんだ、おすすめ企業??みたいなメール
・日刊キャリアトレック編集部なる、なんだ、おすすめ企業の紹介??みたいなメール


こう書き出してみると、色々来てますね。
スカウト来てるし。笑える。
スカウトまじさんきゅー。
笑ってるのは、嬉しくて笑ってるんだからね。
不動産営業とか、中古車販売とか、施工管理とかそんなんばっかだけど。



で、
キャリアトレックの面白いのが、見出し(サムネイル??)の段階で、「年収の見込み額」みたいなのが表示されてる点。
これまでの転職サイトの経験ですと、詳細ページまで探しに行ってた記憶があるような、無いような。


キャリアトレックは、見出しの段階で表示されてる情報が
・イメージ画像
・会社名
・年収的な金額
・紹介文の冒頭

な感じで、ざっくり見やすいです。
特に重要なのが「最低の年収額」である自分にとっては、の話ね。
詳細ページに飛ばなくていいのが、楽でいいね。





ちなみに、同じ会社さんから似たようなスカウトメールがしつこく来たりしてました。
「どうせブラックなんだろ」と世間が信用出来ないわたくしとしては、これは「誰彼構わずとりあえずスカウトしろーー」という物量作戦の賜物なんだろうなあ、みたいな事を考えたりしています。

(面接に)来るもの拒まず。みたいな。
そして恐らくそれが正解という。
ま、まあいいよ、その話は。


でも、だからって何もしないで完全スルーというのもなんなので、ぐぐってみました。
どんな企業さんなんだろうなーって。
ちなみに、募集職種はいわゆる建築のいわゆる施工管理です。


企業名なんかは伏せますが、キャリアトレック上で提示されている年収額は360〜500万円。
だったのですが…

クチコミによると、年収は250万から。



………。

で、でも、もちろんクチコミが全てじゃないからね。
ネットの情報なんて嘘ばっかりさ。
だから大丈夫!

なわけねえだろみたいな。




クチコミには大別して2種類ありまして、つまり、良い評価のクチコミと、悪い評価のクチコミ。
当たり前でせぬ。すいなまさ?。


悪い評価のクチコミが多ければ、それは問題ある企業である可能性が高いよね。
曰く、残業が多い、休めない、昇給しない、などなど。


対しての良いクチコミの、ありがちなパターン
・頑張った分だけ評価されるのでやりがいがある
・地図に残るスケールの大きな仕事でやりがいを感じる

これらは非常にやらせくさい。(主観です)



で、今回のその企業さんにおきましては、悪い評価の方が多いパターンですね。
その中で、チラホラと上記のような良い方面のクチコミもございますよと。(やらせくさいけど)


ええ、わたくしの経験上のお話で恐縮至極ですが、アレです。
ブラック臭がぷんぷんしております。


評価の乖離感がハンパ無いぞと。
そういう感じの会社は避けるべしです。

なので避けます。
華麗にね。
サッとね。
さようなら、ブラック施工管理の求人をしている貴社。
またお手紙ちょうだいね。
読まないけど。

ふう。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


posted by ブラックマン at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

キャリアトレック(careertrek)に登録してみた

お疲れ様です。
ブラックマンです。

1日/15h労働のブラック企業から脱出して、せっかく勤めている現在の会社が早くも倒産しそうな昨今。
もちろん社長以下従業員一同、一致団結して倒産させまいと邁進する傍ら、並行して転職サイトの活用を始めんとする自分がおりますよ、と。

まあそりゃそうです。


極論言いますよ。
極論。
会社より、家族でしょ。
同僚より、自分でしょ。

当たり前の話だよね。
まあさ、最悪自分の事はまあ、まあいいとしてもだ。

家族はあかんでしょ。


未婚、独身とかだったら、会社と心中・不退転の覚悟で泥土に身を投じるのも一興でしょう。
若い頃の自分だったら、そういう感じでまじで邁進出来てたかもしんないね。
会社潰れても、どうとでもなるからさ。
生きてく上で、という意味でね。
そういう環境に進んで身を置く事により、むしろ快感みたいなアレを脳の味噌が分泌してくれて、むしろパフォーマンス向上しましたくらいのアレなんじゃないかな、もしかしたら。


でもあれだからね、今は一人じゃないからね。
今は家族いるから。

前にも書いたけど、家族を困らせたくはないのです。
妻と子の生活を守りたいわけ。
当たり前だよね。


例えばですよ。
例えば。
例えば自分がさ。
夢を追いかけてるアレでさ。
下積み時代を支えてくれる妻がいて、月に一度のささやかな贅沢で満足、あなたといるだけであたし幸せなの、とかそういうんじゃないからね。

なんなら、いい歳した30代の夫婦で、幼い子供の将来を抱えていて、子供の成長と共に進学なども控えており、生命保険と子供の学資保険を毎月せっせと支払いながら、なおかつ住宅ローンも30年以上残ってるよね、みたいなリアルなあれなんですから。
強いて夢をあげるなら、家族の幸せ・平穏な暮らしこそがわたくしの夢ですかね。



前置きが長くなりましたが、そんな事情がありまして、わたくしもいつまでもうかうかしてられません。



えーとね、今の気持ちを正直に吐露しますと、

・会社に存続してほしい、存続させたい→6割
・仮に会社が潰れたとしても付き合いのある会社に潜り込めるべ→2割
・転職活動したくないなあ→2割




の、最後の2割がわたくしのアレを云々するのです。夜な夜な。

転職活動なんて、したくねえなあ。
これが本音。


でもなあ、しなきゃいけないんだもんなあ。
目に見えるリスクがあって、対処を怠るなんて愚の骨頂だよね。
へへへ。わかっちゃいるんだよ、わかっちゃ。



というわけで、とりあえずという形ではございますが、転職サイトへの登録を始めてみたわけです。
エン転職もいいけどね、ちょっと新しいのも使ってみて、そんで感想文でも書いてみようかなーみたいな。


今回は【キャリアトレック(careertrek)】に登録してみました。


「今回は」とか書いてるけど、そんなにたくさんはやんないよ。
たぶん。やんないと思う。今のところはね。

今でさえ、リクナビネクスト、エン転職、キャリアトレックで3つめなんだからね。
そんなに見切れないよ。

転職ブログとかで「たくさん登録すべし」とか言ってる人は、ほんと見上げたもんだよ。
無理だよ、アタイには。
そんな時間ないワン。ワンワン。犬。

登録する時間が無いという話ではなくて、そんなにたくさんチェックしたり管理したりが無理。
という話です。





さあさあ、うだうだ言ってないでキャリアトレックのサイトへさっさとゴーゴーゴー。
長いよほんと、愚痴らせた時のうざさは天下一品だね。ひえー。



Google検索から
ポチッと

ほーん、ふむふむ
サイト名で検索してるので、当然ながらトップヒット。

【キャリアトレック[careertrek]は、キャリアを考えはじめた20 代のための、レコメンド型転職サイトです。】
(原文ママ)


うわあ、いきなり「20代のための」って、明言してる…
あたし30代だけど、平気かしら…ドキドキ…


次回より、なんか感想文みたいなやつを書いていきます。
(気が向いた時に)





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。
posted by ブラックマン at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

エン転職の「応募歓迎」を使ってた思い出

お疲れ様です。
ブラックマンです。
1ヶ月くらい休みたい。
1ヶ月くらい休んで、ファミコンとかやってたい。

という現実逃避と日々戦っております。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。
皆んなが元気だと嬉しいな。



前回、エン転職のこと書いてて、ふと思い出しました。(伏字やめた)(意味ないから)
エン転職には、【応募歓迎!システム】みたいなのがあって、これが大変よろしかった思い出。



すっごいうろ覚えで書いていきますが

エン転職って、まずweb履歴書みたいなの登録した気がするんだよね。
エン転職上の履歴書のフォーマットに、自分の履歴書を入力してアップしちゃうわけ。
web職務経歴書もあったっけかな??どうだっけ、忘れた。

そんでまあ、そうするとですね、それが企業側に公開されてスカウトだったりなどに活用されるわけなのね。
どこまで公開してOKとかの公開設定もあったかな??どうだっけ、これも忘れた。
まあそんな事は関係なく、もちろんわたくしにスカウトが来る事はなかったわけなんだけども。
どんまい。


ただ、スカウトは来なかったけど、【応募歓迎!】は来た。





【応募歓迎!】とは?

何かって言うと、こちらとしては閲覧して良さげな企業はチェックしておきたいじゃない。
そしたら、【気になるボタン】みたいなのを押しとけば、リスト化されて後から見返したり比較したりしやすくなるんだけどさ。
リスト化って言うか、まあブックマークみたいなもんかな?


で、この気になるボタンを押すと、それがどうやら企業側にも伝わるようなんだよね。
「この人が御社を気になってるみたいですよ〜」みたいな。
イメージだよ、イメージね。
ブラックマンのイメージですよ。


で、企業側が暇だったら、登録しといたweb履歴書に目を通してくれるのかな?

んで、「お、こいつ、良さそうかもしれんやんけ」みたいな感じだったら、【応募歓迎!】という形でリアクションしてくれる、と。
こういうわけ。

いや、ブラックな会社さんであれば来るもの拒まずで全部に「歓迎!」してる可能性ももちろんあるですよ。
ありますよね。
まあそれはそれとして。



とはいえ

これさ、求職者と、求人してる会社側とさ、双方にとってすごく良いシステムだと思うんだよね。
求職者は【応募歓迎!】貰えたらさ、単純に嬉しいやん。
わたくしも嬉しかったよ、すごい嬉しかった。

実際に面接受けに行った会社の半数以上が、応募歓迎くれた会社さんだったな。
実際に入社した(してしまった)リフォーム施工管理の糞ブラックも含めてだけどね。


でもさ、「わたくしの応募を、歓迎してくれている」と考えるだけで、転職活動のハードルちょっと下がるよね、やっぱり。
なんちゅうか、ちょっと認めて貰えた感あったと思うんです。

わたくしなんて、フリーター時代からずっとサービス業だったし、まともに働き始めてもずーっと接客販売オンリー。
10年以上もそういうのしかやってこなかった人間だったので、いわゆる「手に職」みたいなスキルみたいなのが、何にも無かったんだよね。

だからこれが色んな意味ですごくネックになっていて、自分に自信も持てないし、やっぱし企業側としても「未経験」っていうだけでお断りの大きな要因になり得るでしょう。
そう考えると、同業の中での転職でもそうだけど、異業種への転職となると尚更なわけです。



そんな中での【応募歓迎!】ですよ。
はいきた。これ。きました。

こんなんされたらイチコロですわ。
そら応募しますわ。
面接も受けに行くわ。

まあわたくしはアホですがそこまでアホでもない(と思っている)ので、流石に条件面で折り合いが付かなければそれはしゃーなし、となった会社さんももちろんありました。


でも、応募歓迎!を貰った事が応募への原動力の一部となったのは確かだし、そんな経験が自分の自信へも繋がっていったのです。
面接の練習にもなったしね。
何せ歓迎されてるわけですから、あまり緊張せずに臨むことが出来たものです。



まあそんなわたくしの転職活動においての唯一の誤算が、面接官に息を吐くようにスムーズに嘘を吐かれた事だったんですけどね。

「残業はそんなに無いよ」って。
その嘘を見抜けなかったおかげで、わたくしの精神と家庭は僅か半年で崩壊寸前(大袈裟な表現)まで追い詰められるのですが、それは過去記事でさんざん愚痴ってきてるので今回は割愛。



自分に自信をもてないブラックマンみたいな諸兄におかれましては、エン転職の応募歓迎はなかなかおすすめです。
ソースは曖昧な記憶、かつ一年ほど前の話なので、今も同じかは不明ですけど。


ていうか、自分が自分で確かめるべきでしょって状況ですけどね、今。
そう言えばね。そう言えばの話ね。
1ヶ月休んでファミコンやりたいなーとか言ってるくらいだからね。

あーファミコンやりてえー。
SDガンダムやりてえー、ナイトガンダム物語。
それかあれ、ガシャポン戦記2。

がんばろうね、みんなね。ね。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


posted by ブラックマン at 18:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする