2017年07月28日

転職エージェントに挑む

お疲れ様です。
ブラックマンです。

最近エン転職を割と真剣に眺めたり色々としています。
今のところは応募まではせず、条件の合いそうな求人を探しながら、「これは」というものは会社の云々を調べたり、といったことをしております。

調べて満足してる場合ではないので、早く応募しなきゃ。
具体的なアクションを起こさねば。
というところなのですが…


どうしても、前回の転職時の「ブラック企業に入社してしまった思い出」が脳裏をよぎり、なかなか踏み出せずにいます。


単独で転職活動を行うと、どうしても得られる情報には限りがあります。
会社のホームページ見たり、方々の転職サイトで口コミ見たり、近場なら会社の様子を観察しに行くなどもありです。

しかし、どれをとっても不安が残ります。
そりゃそうです。
自分がこれから大企業に入れるわけでもなし、ネットで得られる中小企業の情報なんてのは、まあたかが知れてるのです。


あとは実際に応募して見て、面接してみて…という流れを踏んで、そこで判断して行くしかないのですが。

それも早計な気がします。
一番良いのは、知人のツテで紹介してもらったり、同業他社の中でヘッドハントしてもらうなどですが、それもなかなか難しい。


とはいえ、自分一人で動いて自分一人で判断するよりも、第三者に客観的な意見を貰えた方が良いだろうなとは思う。


うん。
そう思うよ…
そうは思ってるよね…

ということは、自分はいわゆる「転職エージェント」に登録するべきなんだなあと。

ううむ………


いやいや、でもね、転職エージェントさんだって仕事だからね。
良くない求人を「良い求人です」とゴリ押してくる可能性は十分にあるわけで。
エージェントさんだって、営業さんなんだからね。
入社させてナンボなんだから。
転職活動においてはアドバイスだったり具体的なアレをくれるとは思うんだけど、それも仕事の範疇だから。
最終的には、自分の成績のはずなんですよね。

という理由で、気がすすまない…


しかも、前に転職活動した時には「紹介できる求人はございません」で登録拒否されたし。
(どこのエージェントさんだったかは忘れたけど)
まあそれもしょうがないんだけどね…。



いやいや、でも落ち着いて。
紹介してもらった会社についてよく調べればいいだけなんだから。
入社するしないを決めるのは自分なんだからね。
断る勇気を持てば、そんなの平気なんだから。
(そもそも受かるか、ていうか応募出来る案件があんのかなんて、知んないよ)


断る勇気!
とりあえず行動!

うーん、よーし、やるぞ、
よっしゃ、どこに登録してみようかな…
でもまあ、とりあえずどこだって一緒だよね。
よし、なんとなく検索結果から出てきたここにしてみよう。

「DODA」

ブラックマンよ、そんな大手に登録して大丈夫なのかね?
また「お断り」されてテンションがだだ下がりになるんじゃないのかね?
えい、うるさいうるさい。
だってやらなきゃいけないんだから。
大手さんの方がご紹介案件たくさん持ってるかもしれないでしょ。
いいよ、大手企業の皆さん、わたくしの事を足蹴にしてくれていいよ。
でも登録はさせてほしいな。
アドバイスだけでもちょうだい?
お願い!





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


posted by ブラックマン at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

エン転職を使っています。

お疲れ様です。
ブラックマンです。

前回の記事でも書きましたが、とりあえず「急いで退職する」のは、やめる事にしました。
わたくしも含め従業員一同が職務に邁進し経営が安定するならば、それで良し。
いつまでとはわかりませんが、今は様子を見る事にしています。


とは言え
前回遅延していたお給料は1週間遅れで無事に頂けましたが、いつまた同じ事が起こるかもわからない、予断を許さない状況です。




あーーーーー
とうとう給与遅配まできちゃったんだなあ…
テンション下がる…
(急に落ち込む)



最悪、不払いのままいきなり会社が倒産するという可能性は、残念ながら、現在も変わらずあるわけです。

なので、最低限の用意として転職サイト使用の封印を解き、近頃はエン転職を割と真面目に眺めたり、転職面接の問答についてイメトレしたりしています。





エン転職…
まさかまた使う事になるとは…


わたくしは、エン転職が嫌いでした。
何故かと言うと、ブログタイトルにもある「ブラック企業」とわたくしを引き合わせてくれたのが、他ならぬエン転職さんだからです。

うーん、とっても一方的な私怨というか、エン転職さんにとってみれば、これは純然たるとばっちりだなあと思う。
ブラック企業を恨みながら、善意の第三者であるエン転職さんも怨むんだから、我ながらどうかしてる。

ブラック企業はエン転職というサービスの利用者であり、エン転職さんはサービスを提供しただけ。
それだけのことなのに…。

ブラック企業とは、これ程までに人を狂わせるものなのか!


そして、今またエン転職を使う自分。
ふう…。やれやれといったところです。
ごめんなさい。



【直近の出来事】
WEB履歴書を現在の情報に手直しして、
止めていた「スカウト」の機能を再開して、
真面目に求人情報に目を通して、
気になる求人には「気になる」しておいて、
「応募歓迎」もらったり、
「スカウト」もらったり、
ありがたい事だなあと思いながら、
「どうせ来るもの拒まずのブラック企業なんでしょ」
「それかあれだろ、希望が考慮された支社に配属されたと思ったらすぐに地方転勤とかなんだろ」
と思いながら、企業情報や口コミを調べたりしています。




今回重きを置いているポイント
・資本金、会社の規模
やっぱりね、会社が潰れちゃあ、どうしょもないからね。
それに、ボーナスがあるか無いかも、会社の体力が大きく関わるよね。
いくら年収ベースで交渉しても、ボーナス出なかったら成り立たないから…。




その代わりに犠牲になりそうなもの
・ワークライフバランス
今よりは遅い帰りになるだろうし、休みも減るだろうと。
ある程度忙しく厳しい環境に身を置くようになるだろうなと感じています。




ちなみに前回のブラック企業(リフォーム業)は
・鬱っぽくなるほど残業(月100h越え)しまくり、休みの日も対応しまくり、家庭不和な感じになったりして、なのにみなし残業で残業代は出ないわ、休日出勤手当も出ないし、なのに面接では「残業はそんなに無いし、休日出勤も年に一日程度!」とはっきり断言してやがったテメェはクソだ。




・それを踏まえて気をつける点
曖昧なことは曖昧なままにしない。(当たり前)
なるべく大手を狙いたいな。(身の程知らず)
神様に祈る。(うん)




ちなみに、前に当ブログの記事にも使わせてもらったキャリアトレックさんですが、現在はちゃんと見てません。
理由は使い方がなんだかよくわからないし、なんかアプリの動作も重くて反応も良くないし使いにくいからです。

転職エージェントにも、再トライしてみるかなあ。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

退職せず

お疲れ様です。
ブラックマンです。
忙しさにかまけ、しばらく放置してしまいました。
見にきてくれていた方(もしいたら)、申し訳ありません。
一応、生きております。


さて前回、ついに給与の遅配が発生してしまった、というところまでご報告しましたが。
今日はその続きです。

結論、正式なお給料日からは1週間ほど遅れましたが、給与自体は満額頂けました。
ふう。

その点についてはほっと胸を撫で下ろしておりますが、そこに至る過程は、やっぱりというかなんというか、なかなか大変なものでありました。






【辞めるべきか、残るべきか?】



自分にとっても、家計を共にする妻にとっても、最大の争点はやはりこれです。


妻には全てを話しました。
給与遅配の話、そこに至る経緯、会社の現状、などなど…


その上で、転職すべきか、否か、という話なのですが。
世間的に見れば、「今すぐにでも転職しなさい」という場面なのかもしれないのですが
しかし、急いで(闇雲に)転職したところで、それで好ましい結果が得られるとも思えず。
さりとて、遅配がいつまで続くかの見通しも立たないわけで。


じゃあ、とりあえず1ヶ月様子見てみようかと。
1ヶ月たってもお給料が頂けなかったら、その時にもう一度考えましょうと。
その間にも生活費だの支払いだのたくさんあるんだけど、積み立てたお金を崩すことも出来るし、最悪借金背負うことになったって、なんとか返していけないことも無いでしょう。

会社の仕事自体はまあまあ順調に受注していっているので、この先の入金についてはある程度の見通しが立っているのは嘘じゃ無い。

社風しかり、上司や同僚の人柄しかり、あとはお休みの日数だったり、残業のほどほど加減だったり。

急いで辞めて、今以上の条件の会社にうまく入れる保証は無いのです。
特に、ワークライフバランスという意味ですね。

そもそも、お金の問題さえ出て来なければ、辞めたいわけなんて無いんです。
だったら、お金の覚悟さえ出来たんなら、今の会社で、もう少し頑張ってみようかと。
そういう事になりました。

果たしてこの判断が正しいのかはまだわかんないけど。
それはもう少し先の話になります。



今後のポイントはこちらの2点。
・また給与遅配が発生しないかどうか?
・冬のボーナスが出るかどうか?


ボーナスについては厚かましい話なのかもしんないけど、でも家計にとっては必要なものなのです。
もしも冬のボーナスが出なければ、ひっそりと転職活動を始める事になるのかもしれません。
これもまだ、先の話ですね。

何しろ、しっかり稼がなきゃ。
わたくしは基本的には施工管理ですが、営業も兼ねないといけません。
仕事とるぞ。
取引先からたくさんお金とりつつ、経費はしっかり削減していくぞー。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。

posted by ブラックマン at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする