2017年08月09日

人を雇うほど赤字になる

昨日書いた、上司の退職日が決まったようです。
期間はそれなりに開けてくれてますが、有休消化も入るので、そんなに遠い未来ではない。

これを機に、またぞろ辞める人間も増えるのじゃないかなあと感じています。
もちろん自分も含めてですが。

自分がそうであるように、既に転職に向けて動いている人たちもいる事でしょう。
上司もそうであったようにね。

会社の状況を考えれば、当たり前と言えば当たり前。
社長以下残る人間には申し訳ないのだが、しかし誰がそれを責める事が出来ようかと。



しかし、人が辞めるというのも、会社にとっては何も、悪い事ばかりでも無いはず。
実際の懐事情だったり仕事の状況にもよるでしょうが、この際、いけるところまで会社をスリム化させてしまうのも、我が社の生き残りの道としては無くはないと思うわけです。



今までにもう何人も辞めて行ってるわけなんだから、その分、「人件費」として考えると、会社の負担はぐっと軽くなってるはずなんだよね。

例えばこれまでの退職者をざっと5人とすると、お給料、保険料、経費など考えると、一人平均で40万はかかってると思うんですよ。

40万×5=200万円。
12ヶ月で…2400万円。


なんちゅうの?販管費?
人を雇うって、大変な事なんだなあ。
会社の支出として、年間こんだけ違うわけです。

じゃあ、その人たちを雇っていたことによって、本当にそんだけの利益がとれてたか?という話。

どれだけの利益が出せるかっていう話は、営業チームの中では人によって当然差があるし、
営業なのか施工管理なのかで考え方もやり方も変わってくるし、

一概には言えないんだけど、たぶん足りなかったんじゃないかなと思うんだよね。
じゃあ足りない分、誰が稼いでたのって、まあそれは前回の記事で書いた上司なんだけど。

全額補填出来てるのかはわからないけど、上司が仕事とってきたり、部下にとらせてあげたりして、
施工管理の人間に引き継いであげたり、指示してあげたり。


上司はもちろん仕事が出来る(とてつもなく)人だったんだけど、同時に人を使うのもうまかったよなあと思います。
コントロールしてくれる人を失うというのは、つまり、どうなっちゃうのかなあって。



暑いなあ。
今日は真夏日ですね。

もうすぐお盆だわ。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 08:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

上司が退職

お疲れ様です。
ブラックマンです。

ピンチです。
またもやピンチです。



上司が退職します。
この上司というのがですね、会社のキーマンです。
営業であり、実行部隊であり、それらを統括する全体の指揮官であり、責任者です。




会社が潰れそうな兆候としてよく「経理が退職すると危ない」なんて話を聞きます。
しかし我が社では、上司の方が早かったようです。

経理はお金の流れを把握しているから…というのが、経理が退職することの危険信号の根拠のようですが、

「経理が誰も退職してないということは、まだそこまで危なくはないのかなあ」
なんて希望的観測が吹っ飛ぶくらいには、この上司の退職は会社にとって激震です。

だって、これから先、もっとやばくなっていくのが明白になっちゃうわけですから。




上司が抜けた後に仕事がちゃんと回せるのかどうか。
情けない話ですが、問題はそこなわけです。


上司が抜けた後、営業チームだけで仕事とってこれるのかな??
振られた仕事の請けれる・請けれないの判断は??
工期的なものもあるし、技術的な部分もあるし。
そのほか諸々、細かな采配は…



わたくしも含めて
今いるメンバーの中には、それだけの経験と知識とリーダーシップを備えた人間がいないのです。
お恥ずかしい話。

いや、もちろんやってやれなくはないのだが…
知識不足・経験不足は明らか、非効率化は不可避です。
一件一件にかかる時間と手間がどれほど増えるか?
不測の事態が発生した場合の対応も、皆が適切な判断を下せるのかどうか…
求められる仕事量に対して、パンクする可能性が非常に高い。
焦りながら働いてると、特にね。



上司が抜けた後は、誰が統括するのだろうか。
現役を退いた役員が降りてくるのかなあ。
それとも、他所から誰かを引き抜いてくるという線もあるかな??
今の我が社にそれだけの体力があればの話だが…





ていうか、今月の給料はちゃんと出るのかなあ。
忘れてたけど、うちの会社そんくらいやばいんだった。みたいな。
いやいや、忘れんなよって。
うるさいなーもう。



あ、DODAの面談予約しました。
ちょっと先だけど、面談に行ってきます。
職務経歴書とか作らないといけないのかな??
まだ案内をちゃんと見てないんだけど。
まあ必要っちゃ必要だよね、どういう仕事をしてきたのかきちんと把握して貰わないと。
転職エージェントさん、よろしくお願いします。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。

posted by ブラックマン at 08:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

うちに来ないか

お疲れ様です。
ブラックマンです。

どうしましょう。
同業の他社さんに「うちに来ないか」と言われています。

しかもですよ。
しかも。
条件なんかは詳しくは聞けてないけど、「今と同じか、それ以上は保証する」と言っています。


何故そういうお誘いが来るのか。
それは共通の取引先があったりとか、自分自身付き合いがあったりとか、まあもちろん色んな縁があるんだけど。


大前提として
「ブラックマン君の会社、危ないって聞いたよ」




これです…


まあ…事実なので…


「またその話かよー」と思いつつも
でも今回は、「うちの支払い大丈夫だよね?」「振込いつになんの?」とかその類の話じゃ無いので、なんか新鮮。


怒られないって、いいよね!
呆れられないっていうのも、大事だよね!
ため息つかれないとかもね。
ふう。とっても大事。




ヘッドハンティングって言うと、なんかかっこいいね。へへへ。
そんな身分ではございませんが。



拾う神ありって事なのかな?
そう考えて大丈夫?



いやいや、まだ早いよ。
まだ信用しちゃいけないよ。

だって、ほんとは嘘なんだ。
わたくしを喜ばせてから、がっかりさせるのが狙いなんだ。
そうに決まっている。


それが狙いじゃなくたって、条件が合わないとか、実はすっごいブラック企業だったとか、がっかりする可能性は、まだまだいくらだってあるんだから。

だから、油断しちゃいけないんだ。
生き馬の目を抜く!
このポイズン!社会!



今度、あちらの会社で面談してきます。
果たしてどうなる?






にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 08:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。