2018年05月29日

思い出 その1

お疲れ様です。
ブラックマンです。


8C08CF48-59CC-4C96-AEC3-0A94D3B992C1.jpeg


わたくし、過去は携帯電話の販売員をやっておりました。
26歳くらいから始めて、32〜33くらいまででしょうか。


専門学校卒業後はフリーター生活その日暮らし真っしぐらのわたくしでした。
当時は当時で目標(夢想)のようなものがあって敢えてフリーターしてたわけですが、
その甲斐もあり二十代も半ばにして世間知らずもいいところの甲斐性無しで酒浸りのロクデナシみたいなのに無事成長を遂げたのです。

趣味はブックオフ巡り、100円で買ってきた何冊かのコミックを読みながら宝焼酎(4L)で酔っ払うことでした。(大袈裟だけどあながち嘘でも無い)



いい歳して社会人経験はゼロ、
世間に疎く興味もあまり無かったので、
自業自得、致し方ないところかなと思います。


当時お付き合いしていた女性がおりまして、付き合いを深めるうちに互いに結婚を意識するようになりました。
しかしなにせ世間知らずでボンクラのフリーターの事、常識も貯金もクソもあったものではありません。

そこで初めて「ちゃんと働かないと」という意識が芽生え(環境に置かれ)、
齢25、6にして「正社員にならねば」と闇雲に動き始めたのでした。



そうと決まれば善は急げ。
取り急ぎ、求人情報を得ねばならない。
テレホタイム時代に夜更かしして青春時代を過ごしたアレですので、先ずはインターネットです。

インターネットが十分に普及し、日本国内でもチラホラとスマホが登場し始めていた時代。
iPhone3GSが発売されたちょうどあの頃。


わたくしはパソコンの画面に向かい、求人情報を求めるのでした。



でも何していいかわからない。


それもそのはず
就職活動なんてしたこともなく、せいぜいコンビニやパチンコ店のアルバイトに応募した事がある程度の求職経験があるのみ。


わたくしはパソコンの画面を見つめながら、自分が何からすれば良いのかわからず、途方に暮れるのでした。



続く





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 22:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

キャバレークラブの思い出

お疲れ様です。
ブラックマンです。

51909591-537B-497F-9079-AD1B6CDC601D.jpeg


ブラックマンです。
どうも。



ブラックマン・35歳

これまでキャバレー経験ゼロの男でしたが、現在の会社に勤めるようになってから、既に3回もキャバレーしております。
(妻にも公開済み)



第一回
上司らのお酒のお供をした際、三次会くらいで連れて行かれる。

ついてくれた女性その1
大柄な若い女性。太っているではなく、背が高く骨太だった。
普通の若い女の人という感じだったが、特に聞きたい事もなく、割と無言で過ごす。
名前は知らない。
名刺くれず。

ついてくれた女性その2
普通の若い女性。
話しかけてくれていたような気がするが、特に聞きたい事もなく、割と無言で過ごす。
酒に飲まれて記憶薄し。
名前は知らない。
名刺くれず。




第二回
上司らのお酒のお供をした際、二次会くらいで連れて行かれる。

ついてくれた女性その1
30後半くらい?の女性。
胸の谷間の強調された衣服を着用していた。
ボディコニアンだ。
盛り上げようとしてくれていた気がするが、特に聞きたい事もなく、上司の両手に花の右側になるよう話し、お任せし静かに過ごす。
両手に花で盛り上がった上司に好きな体位を発表するよう指示されたが、曖昧な笑顔で濁す。
名前は知らない。
名刺くれず。

ついてくれた女性その2
ぶっきらぼうな若い女性。
タメ口で適当な相槌を打つという特徴があった。
こちらも適当に過ごす事が出来、キャバレーの楽しさを少し覚える。
名前は知らない。
名刺くれず。



第三回
取引先からの接待を頂いた際、二次会で連れて行かれる。

ついてくれた女性その1
30後半くらい?の女性。所謂馬面であった。
盛り上げ上手で割と話しかけてくれた。
特に聞きたい事もなく、どうでもいい質問をしたりするがそんなに広がらない。
名前は知らない。
名刺くれず。

ついてくれた女性その2
30後半くらい?の女性。ぽっちゃりしていた。
おばあちゃんちの地元が同じで、懐かしい地名の懐かしい公園の話などが出来、
「どうでもいい質問もたまには役に立つな」と思った。
だがそもそも特に聞きたい事があるわけでもないため、それ以上広がらない。
名前は知らない。
名刺くれず。

ついてくれた女性その3
普通の若い女性。
歯列矯正の金具を装着していた。
地元生まれ地元育ちで地元のキャバレーで働いているとの事だった。
だがその話に興味があるわけでもなく、「どうでもいい質問は高確率でどうでもいい話しにしかならないな」と思った。
名前は知らない。
名刺くれず。




番外
キャバレースナックという店舗。

ついてくれた女性その1
若い女性。ブルゾンちえみに似ていた。
特に話したい事もなく、割と無言で過ごす。
名前は知らない。
名刺という文化は本当に存在するのか?

ついてくれた女性その2
そのお店のママ。
60代?片言なので、日本人ではなさそうだ。
自分で漬けたというキムチを振舞ってくれたが、キムチは苦手だった。
「なんならこんくらいの方がめんどくさくなくて楽だな」と思った。
名前は名乗っていたが忘れた。
マタキテネと言っていた。



のたり松太郎の松太郎と田中のような楽しみ方ができるのはいつの日か?


今日は22:00まで残業しました。
あー疲れた。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 00:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

真・社員旅行

お世話になっております。
ブラックマンです。

E9A3CB12-B19C-49BB-8940-F22876D46215.png

前回のタイトルと記事の乖離具合が酷かったので、今度こそ社員旅行の話を。
記事の内容と画像の乖離具合も酷いけどね。


弊社では7月に社員旅行に出掛けるそうです。

行き先は?海外(アジア方面)
日程は?二泊三日


えーまじで??
大丈夫??

あのー、仕事。
仕事大丈夫???


予定入れないようにねとの指示ですが、そんなこと言ったって…?


現場は待っちゃくれないからなあ。
でもなあ、現場あるから行けませんてのも、いかにもあれだしなあ。
うまいことやるしかないな。



ちなみにわたくし、海外は初めてです。
(どうでもいい情報)

社内のおじさま方は、買春に勤しむご様子です。
ご苦労様です…。


なんか色々びっくりだけど、そんなもんなのかねえ。
パスポート自腹なのが難だなあ。
旅行いらないから寸志くれよって思っちゃうけど、そういう自分どうかと思う。

まあたまには羽を伸ばすのもいいかーって。
思ってはいますけどね。


ああ、写真撮ってきて、そういう記事書くのもいいかなあ。
ほら、海外旅行の写真のアレとかさ、よくあるじゃない。
そういうやつ。

うーん。


どーでもいいかなあ。
だよねえ。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする