前の記事 TOP 次の記事

2017年01月28日

フリーターだった頃(パチンコ編)

毎度お世話様です。
ブラックマンくんです。

前回は狂った店員渦巻くコンビニの話でしたが、(大げさ)今回は、パチンコ・スロット店の話です。

狂ったコンビニでは1年間での退職となりましたが、パチンコは長かった。
複数の店舗を渡り歩きましたが、トータル6年くらいやりました。

1店舗目…5年
2店舗目…半年
3店舗目…半年

こう書くと、なんかすごいクズいなー。
このフリーター歴の長さたるや。
最後なんか転々としてるし。


ちなみにわたくしパチンコはそんなに好きじゃ無いです。
1円パチンコとか、5円スロットくらいならゲーム感覚でいいかなーとは思うよ。
ギャンブラーでがっつりハマりこんじゃうのは危険だね。
色んな狂ったお客さんがおりました。


負け過ぎて怒りで我を忘れちゃうやつとか、
負け過ぎて焦り過ぎて我を忘れちゃうやつとか、
貯金全部なくなって観戦しかできなくなるやつとか、
1日で10万なくなったって怒ってる爺さんとか、
目押しできないのにスロット打ってていつも負けてる常連さんとか、
スロ貯金一千万超えてるけど、将来が不安なプロの人とか、
注ぎ込みまくってお金無くなったけど、「もうちょっとで天井だから!!」って必死になって金借りにいくやつとか、ていうかそんな域に至るまで打ち続けるなよと。

まあいろんなのがいたよ。
基本的に勝った負けたは君らの責任なんだから、怒ったりはするなよな。
でも怒っちゃう気持ちはわかるから、多少怒るくらいならしょうがないよ。
店員さんにあたるのは、ちょっとにしてあげなね。
楽しくお遊戯しましょうね。ねー。
(ギャンブル性を誤魔化したいのか?パチンコ・スロットはよく、遊戯と表現される)
(だがその言葉通り、本当に「遊戯」程度で留めておく事が出来るのならば、それが唯一パチンコ狂いが歩める幸せにつながる道なんだろうなとも思う)


時給1300円。
店舗によって多少違ったと思うけど、当時はまあこんなもんでした。
時間帯は「遅番」と呼ばれるもので、16:00〜23:30あたりの時間となります。
(早番はもうちょい安い)
(まともな時間帯だから)

コンビニ深夜よりはマシですが、昼夜は逆転しがちな生活です。
インターネットとお酒まじ大好きだったので、夜な夜な宝焼酎をロックで煽りながらインターネット三昧の日々でした。
宝しょーちゅーおいしいなー。おいちぃ。おいぢぃー。

大変酔っ払ってデベロップとなった朝方に就寝、15時頃に起きたら、すぐバイトだーって。
それが6年も続いたんだって?ワォ!

馬鹿馬鹿しい話ですが、これがそこまで誇張なわけでもなくてですね、まあざっくりそんな感じだったんだなーこいつは。ばかだなー。とお考え下さい。


1店舗目の時がやばくてさー。
色んなエピソードがあるんだけど、これだけは言いたくて。
本社所在地の住所に行くとさ、なんと、そんなビルは存在しないんだよ…。
責任者で「しょうさん」と呼ばれてた人物はなかなか面倒見のいいナイスガイだったが、蓋開けてみたら「趙さん」だったし…。しょうさん…。

普通に雇われの日本人正社員もいたけど、休みは月に6日だけ。
正月も祝日ももちろん関係なし。
月給26まん。
社会保険なし。
ボーナスなし。
それじゃバイトとかわんないでしょーって。


メリットがあるとしたら、その会社内で出世するチャンスがあるかもしれないということ!
だが、本社所在地の住所にはそんなビル存在しないのだ!
という地獄のような待遇!





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

posted by ブラックマン at 07:50 | 日記

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa