2017年05月29日

潰れそうな瀬戸際

こんばんわ。
ブラックマンです。
でーす。
うんうんうんうん。

この数ヶ月間、ずーっと考え続けています。
何度もなんども、今すぐに転職するべきなのなどうかを、自問自答するわけです。

クビになった人たちもたくさんいる。
自分から辞めてった人たちもたくさんいる。

たった数ヶ月間ですが、この間に実に多くの別れがありました。
個々に事情は違えど、会社を去ることになってしまった彼らを見ていると、それを見送ってきた身としては、「果たして自分はこのままこの会社に居続けて大丈夫なのだろうか?」という疑問が、プカリプカリと浮かんでは、ジュワーっと頭に焼き付いて離れなくなるのです。

大丈夫かどうか…という話だと、決して大丈夫ではないと思うんだよね。
いや、大丈夫な可能性ももちろんあるんだけど、その可能性は決して高くない。
好意的に見ても50:50くらいだと思う。好意的に見てね。
だから実際には、助かる可能性は、もっと、もーっと低いわけ。


じゃあ…どうする?
辞める?


でもですよ。
あいやまたれい。
じゃあ「倒産を待たず急いで退職する理由があるのか?」というと、それはそれでどうかなとも思うわけで。


もし会社が倒産すれば、それは会社都合の退職になるわけです。
しかしこれが自己都合で退職したとなると、失業手当の給付までは3ヶ月開くわけでしょう。

それに、転職活動にあたっての履歴だとか経歴だとかにも影響がある。
潰れそうだからさっさと抜けましたって人と、最後まで頑張ったけど力及ばず無念でしたって人だったら、どっちのがマシかな?っていう。
うーん、でも先んじて退職しているケースの方が先見の明がある…なーんて話には…ならないか。
「こいつはいざって時にケツまくる奴だ」って思われるのが関の山だな。
家族のためとか、事情はさておきね。そう思われるだろうなって。


だからして、転職先が決まった訳でもないのに急いで辞めるなんて、それは早計というものだ。
愚の骨頂というやつなのだ。
まあ自ら辞めていった人たちの中にはそんな輩もいたが、あいつは実家だし若いから別にどうでもいい。


色々と考えるけれど、色々と怖いなあって事はあるけれども、
一番身近に怖いとなあと思うのが、給料の未払いかなあ。


支払いが遅れて取引先に怒られる?
信用を失って取引先が仕事を請けてくれない?

きついよ、確かにきつい。
でもその辺のあれって、すごいきついけど、耐えれないという程のあれじゃないんだよね。
いやそりゃずっとだったら精神崩壊もきたすかもしれないけど、自分は生き残るために必死なわけで、相手だって必死なんだから怒られたり敬遠されたりするのも当たり前なわけ。
誠心誠意謝って、支払い時期を延ばしてもらって、着地点を探って行くしかないわけ。
逆に言えば、出来ることってそれしかないわけ。
開き直ってるわけじゃないよ。


でもね、自分ちのお給料が遅れたりすると、どうなると思う?
うちの奥さんが心配するでしょ?
不安になるでしょ?
え、うちの旦那の会社そんなにやばいのってなるでしょ?
そしたら転職してほしいってなるかもしれないでしょ。
我が家と、我が社との信頼関係が崩れ去ってしまう。
そうすると、絶対に、色々と面倒なことになるんだろうなあって。


だからまあ、基本的には、お給料が遅れたりしない限りは付いて行こうと思ってるんです。





一番いいのは、どこか条件のいいところに電撃的に拾ってもらえる算段がつく事なんだけどね。
まあそんな夢物語はあれしといて。

今の会社は潰れそうという点を除けば、人も社風もおおむねホワイト(これまでの経験上)なので
今より待遇が落ちるところに行くくらいなら、潰れるまで頑張って残るべきだなあって。
いやいや、潰さないように頑張るべきだって。
そう思うわけですよ。僕なんかわ。

そう判断してるからこそ、妻にもまだ話してない…んだけど、それはそれで…ダメかなあ…。
しかし…いたずらに不安を煽るわけには…。
と悩むおじさん。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。




posted by ブラックマン at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。