2017年07月28日

転職エージェントに挑む

お疲れ様です。
ブラックマンです。

最近エン転職を割と真剣に眺めたり色々としています。
今のところは応募まではせず、条件の合いそうな求人を探しながら、「これは」というものは会社の云々を調べたり、といったことをしております。

調べて満足してる場合ではないので、早く応募しなきゃ。
具体的なアクションを起こさねば。
というところなのですが…


どうしても、前回の転職時の「ブラック企業に入社してしまった思い出」が脳裏をよぎり、なかなか踏み出せずにいます。


単独で転職活動を行うと、どうしても得られる情報には限りがあります。
会社のホームページ見たり、方々の転職サイトで口コミ見たり、近場なら会社の様子を観察しに行くなどもありです。

しかし、どれをとっても不安が残ります。
そりゃそうです。
自分がこれから大企業に入れるわけでもなし、ネットで得られる中小企業の情報なんてのは、まあたかが知れてるのです。


あとは実際に応募して見て、面接してみて…という流れを踏んで、そこで判断して行くしかないのですが。

それも早計な気がします。
一番良いのは、知人のツテで紹介してもらったり、同業他社の中でヘッドハントしてもらうなどですが、それもなかなか難しい。


とはいえ、自分一人で動いて自分一人で判断するよりも、第三者に客観的な意見を貰えた方が良いだろうなとは思う。


うん。
そう思うよ…
そうは思ってるよね…

ということは、自分はいわゆる「転職エージェント」に登録するべきなんだなあと。

ううむ………


いやいや、でもね、転職エージェントさんだって仕事だからね。
良くない求人を「良い求人です」とゴリ押してくる可能性は十分にあるわけで。
エージェントさんだって、営業さんなんだからね。
入社させてナンボなんだから。
転職活動においてはアドバイスだったり具体的なアレをくれるとは思うんだけど、それも仕事の範疇だから。
最終的には、自分の成績のはずなんですよね。

という理由で、気がすすまない…


しかも、前に転職活動した時には「紹介できる求人はございません」で登録拒否されたし。
(どこのエージェントさんだったかは忘れたけど)
まあそれもしょうがないんだけどね…。



いやいや、でも落ち着いて。
紹介してもらった会社についてよく調べればいいだけなんだから。
入社するしないを決めるのは自分なんだからね。
断る勇気を持てば、そんなの平気なんだから。
(そもそも受かるか、ていうか応募出来る案件があんのかなんて、知んないよ)


断る勇気!
とりあえず行動!

うーん、よーし、やるぞ、
よっしゃ、どこに登録してみようかな…
でもまあ、とりあえずどこだって一緒だよね。
よし、なんとなく検索結果から出てきたここにしてみよう。

「DODA」

ブラックマンよ、そんな大手に登録して大丈夫なのかね?
また「お断り」されてテンションがだだ下がりになるんじゃないのかね?
えい、うるさいうるさい。
だってやらなきゃいけないんだから。
大手さんの方がご紹介案件たくさん持ってるかもしれないでしょ。
いいよ、大手企業の皆さん、わたくしの事を足蹴にしてくれていいよ。
でも登録はさせてほしいな。
アドバイスだけでもちょうだい?
お願い!





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。




posted by ブラックマン at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。