2018年06月28日

思い出 その4

いつもお世話になっております。
ブラックマンです。


16E7135C-775A-4094-812B-931302FBCD70.jpeg


「就職Shop」
若き日の私が、初めての就職を頼った機関(会社)。

わたくしが就職Shopを頼ったのはもう10年も前の話だけど、
こないだ検索してみたら、まだ営業されてるようですね。
興味のある若者(特に就職未経験の人)はチェックしてもらうと良いかもしれません。



学校卒業してから6年くらいフリーター(コンビニ、パチンコ店、etc)してたわたくし。
就職しようにも、右も左もわからない。
職務経歴書どころか、履歴書の書き方さえもわからない。
世間知らずの25歳(26だっけ??忘れた)。





話逸れるけど
そういえば当時、パチンコ店では正社員登用の話を何回か貰った事があった。
断ったけど。


寮費が無料という一見美味しい話だったので「家賃かかんなくなるじゃん」と興味はそそられたが、
当時の恋人の意見で「パチンコ店はやめてほしい」というのもあり。


そのうちに、寮自体も入る人が少なかったようで会社としても寮を手放したという事もあり、パチンコ店社員への道はフェードアウトして消えて行ったのであった。


6年にも及ぶ長いフリーター生活の中で、パチンコ店は3店舗勤務しました。
そのうち2店舗から正社員登用のお声をかけて頂いたので、向いてるのかなあと考えた事もあったが。

現在のパチンコ業界の衰退を鑑みるに、やめといて良かったなあと感じています。
つぶし効かないし。


販売の仕事もそうだね。
つぶしが効かない。
うーん、営業とかはあるか。



でも、どんな仕事でも、モノを言うのは「その業界での経験」だ。
そうだよなあ。



あの頃、パチンコ店で社員やってた皆さんは今頃どうしているのだろうか。
見切りをつけて辞めた人もいるだろうな。


パチンコ店のオーナーは基本的に大陸の方の方のようだった。

「しょうさん」と呼ばれて親しまれていた社長のご子息が「趙さん」だった時はたまげたなあ。


でもあれだよね、結論わたくしとしては、パチンコなんて文化は無くなっちまえばいいのさって思ってる。
お客さんだってさ、そんなに負けて怒ってるくらいなら、最初からやんなきゃいいんだよ。
何万円も、何十万円も注ぎ込んでさ。
もっと他にやることあるよ、きっと。
そんなに人を狂わせるような娯楽(という名のギャンブル)は、無くなっちまえばいいの。
もっとライトに遊ぶならいいけどさあ。
パチンコも、ちょっとやるくらいなら楽しいよねって思う。

闇金うしじまくんでもさ、冒頭のあたりでパチンコ狂いのおばちゃんとかに融資しててさ、
その借りてるおばちゃんがさ、「ぱちんこやんないと暇で死んじゃうよお」みたいなこと言ってたよね。

あれ漫画だけどさ、まじでそういう人たちいっぱいいるかんね。
いると思うかんね。
やめときなって思うよ。本当に。





えーと、それで就職Shopの話ね。


多分ネットか何かで申し込んだのかな。
カウンセリングというか相談というか、そういうのの申し込み。

先ずは日時の予約を取ります。
これは覚えてないけど、割と簡単だったような気がする。


そして当日、いざ就職Shopへ向かうわけです。

スーツとかも持ってなかったから、普通に私服で行ったのを覚えている。
(多分、私服でOKみたいな説明が事前にあったんだとも思う。多分ね)


持ち物はなんだっけなあ、履歴書作って行ったんだったかな??
そんで添削してもらった記憶がある。
何回か行ったから、いつかは覚えてないけど。



就職Shopは繁華街の駅前のとあるビルの一室に入っていた。
受付で「予約したんですけど」の旨を伝えると、パーテーションで仕切られた室内の一角で座って待つよう案内される。

緊張するなあ。


ほどなくして、30代くらいの女性が現れた。
どうやらこの人がわたくしの担当の方のようだ。


続く






にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。

posted by ブラックマン at 12:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。