2019年02月19日

おばんでやす

おばんです。
まっちゃんです。
マスター、おれウーロン割。


454603F9-7171-4A9D-A907-35CAE3835A46.jpeg


いや、僕はメーカーズマークをロックで頂こうかな。
ジュテーム。
仕事は基本作業着だから、仕事帰りにバーなんて行けない。
ジュテームって何語?
小学生の時に読んだ相原コージ苑の思い出蘇る。
ノッコ…ジュテーム…。
そんなブラックマンです。


当ブログが、転職のご相談のサイトさんみたいなところで紹介されてたのをエゴサーチしました。




すげえ!

こいつはすげえことだ。

とても嬉しい。

早速、掲載されておりました当ブログの紹介文をご紹介します。




「妻子ある男性の転職先が超ブラックだった。
家庭も守るものもあるのに引き返せない状況に陥ってしまった場合、
どのように行動すればいいのでしょうか?
安易に転職してしまうとブラックの「メビウスの輪」から
抜け出せなくなってしまうかもしれません。」






あ、安易に転職したわけじゃないからね、言っとくけど…。
あ、いや、安易に転職したつもりではなかったのですが蓋を開けてみたらみたいな、まあなんちゅうか…

驚いたといいますか…


いや…まあそんな感じで…。



でも、
転職を考える皆さんの参考になればというアレ(ごめん嘘ついた、不幸な自分の愚痴と弱音のはけ口)で始めた当ブログですので、

「転職先を間違うとどうなるか」の説明文としてはこれ以上ないくらい合ってるわけで…。



みんな、ワシみたいになったらあかんでみたいな思いを込めて…

あかんねんで…
当ブログの初期の記事の悲惨さを読み返すと、なんか恥ずかしいくらい弱々しいところあるよね。
本当に参ってたんだなあって、我ながら思うよ。

それでもその当時はストレスこそあれども、
おしっこが黒々しくなるような事はなかったので、
今の会社の方がある意味ブラックなのかもしれない。


ていうかさー
いい加減このブログ使いづらいと思うんだよなー。
過去ログ遡るの、やり方、なんかめんどくさくない?
過去ログを遡りたいのが自分だけだったとしても、声を大にして言いたいわけですよ。
ぼかぁ。
ボクなんかわ。
声高に。
言うだけなら簡単な話だからね。




それはさておき
せっかくだからリンク貼らせて貰います。
無許可です。
不適切な場合は削除致しますのでお声がけ下さいませ。
みんな記念に見に行くといいよ。

転職体験談みたいなブログを年代別にまとめてらっしゃって、なかなか参考になると思いますよ。


https://success-job.jp/tensyoku-log/#30


皆さんはブラックマンのように下手な転職の憂き目にあわぬよう、ゆめゆめお気を付け頂きたい所存です。

ではまた。






にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。




posted by ブラックマン at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

さようなら、こんにちわ、よろしくね

お久しぶりです。
ブラックマンです。

どんくらいぶり?
ふふふ、それがね、クハハ、なんと!
覚えて!な!い!よ!
ワォ!


星野源の音楽は、人をハッピーにする不思議な力があるね。







去年の夏くらいから死ぬほど忙しくなってね…

味方ぶって良いこと言ってるやつほどいざという時は裏切るという事を学んだ、
特に自己陶酔型で自分語りが好きなやつほどその傾向がある

傑作なのが、俺は見ず知らずのガキのためだって死ねるという発言ね、
僕の中では、てめえなんざ犬も食わねえとの結論でした。

思えば、犬も食わねえっえ言葉さ、これって犬に対して失礼だよね。
犬は本当の意味で人類の友と呼べるかもしれない、なり得る存在なんじゃないかと思ってる。
損得勘定が無い(と思える)って大事だよ。
なんてひどい言葉を考えるやつがいたもんだ。



それはさておき、

現場でボヤに巻き込まれて火傷するわ、
工程はグダグダで守れないわ、
監督は気が狂ってるわ、
いやこの監督はほんとに狂ってた、
僕に言う事と会社に言う事が違う、
自覚の有無はさておきナチュラルに嘘をついては事実を捻じ曲げる、
なおかつ怒声罵声は当たり前、低姿勢な態度を強要する割に自分は他人を無視する、
相手によって露骨に態度を変える、
なんでもアリか、まともに取り合う気ゼロ、

日々それを受け続けるワタクシおしっこの色が真っ黒になるわ、
寝に帰るどころか酷いと帰宅した2時間後に出勤とかね、
もう ほんとうに 生きてる意味を問うたね まじで。
復讐のための死を意識し、その前に退職だろと考え、家族を思えば耐え忍ぶ道を選ぶわけですよ。
いやね、まじで復讐代行とかそういうホームページ閲覧したよ。
閲覧だけね。
だって、社会的に殺そうと思うと数百万円かかるそうなんですよ。
良くないウワサを流したりして貶める作戦の実行でも数十万円くらいだったかな???
うーん、そんなにお金持ってないなーって。
そんで黒魔術のホームページを見ました。
恨みとか怨みとか復讐とかそういう言葉で検索すると、世の中にはそういうのがあるんだねえって勉強になった。
住所調べる方法とかも考えた。
何を出来るわけでもないのにねえ。
それがせめてもの慰みみたいなもんだったんだねえ。


いやいやいや、そんな後ろ向きな事ばかり考えてないで、真っ向から戦えばいいじゃないって。
みんなの言いたいこと、わかるよ。
よーくわかる。

でもね、どうにもやはり戦闘員向きの性格じゃないらしくてね。
最後の最後、俺の家族に手出したら殺すくらいの事は思うけど、
つまり、家族優先と考えると戦闘しちゃいけないんだよね。
バリバリの喧嘩してさ、そんで自社からなんかアレされて給与とか雇用とかナニしたら大変だからなあ。

そこで上手い事相手のせいにして、上手い事やり抜ける技術がね、俺持ってないんだなあって、痛感した。
どんだけ主張しても、言い訳みたいになっちゃうと思うんだよね。
それは、相手を負かす事の出来ない自分の弱さを、よーく知っているからだな。
それが自分にとっての負い目となるスパイラル。
相手の悪いところを突き詰めて、誇張してでも、あるいは、相手を納得させる話術、勢い、そういうものが、ワタクシには無い。
だから耐え忍ぶ道を選んだ。
選ばざるを得なかった。


こういう人って割と多いんじゃないかなあ。
自責の念じゃないけどさ、結局自分が悪いみたいになっちゃうというか。
いじめられっ子世にはばかると言うんですかね、そりゃ自殺大国日本ともよく言ったもんです。
嫌なやつの方が得するように出来てるんだなあと。
でも自分もそうなればいいじゃんなんて、真っ平御免なわけだ。
なろうとしてもなれないだろうしね。
大っぴらに悪人にはなれないけど、まあちまちました悪事を働いてないとは言わないけどね。
本当に完全に神か仏か聖人君子かのような悟りの境地かっていうと、そんな事はそりゃ全然無いわけですよ。
煩悩それでいて凡庸、凡夫たる凡夫ですよ。
でも、そんな嫌なところでぬきん出たくないしね。
自分には自分の分があると思うんです。
だからってまあ、何にも良くないから、そんな事じゃ何にも解決しないので、だからあの監督は死ね。
泣きもしない、笑いもしてやらない。
ざまあみろとだけ感じてやる。
負け犬の遠吠えとはこの事です。
クゥンクンキュ〜ン。


前置きが長くなりましたが、取引先の若い監督見習いの男の子が退職するそうです。
律儀だね、今なんにも担当でも何でもないのに、前に一緒に働いたアレで今日電話をくれたよ。
知識は無いし、経験も無いし、見習いもいいとこなんだけど、一所懸命だったなあと覚えています。
聞けば、直近の現場の上司がすごく理不尽だったみたいだね。
ああ言えばこういう、いじめみたいなもんだ。
でもね、彼は僕と同じ感じの弱者なんだなあって感じた。
声高に相手のせいにしたり、己を主張したりが出来ないんだなあって。
そしてその上司は、相手のせいに出来て、愛の裏返しみたいな事を平気で周囲に宣ったり、ともすれば美談みたいな感じで語ったりが出来るタイプの人間なんだなあって思った。
結果、部署替えなどその会社にとどまる選択肢は皆無、何故ならばその会社にいる限りその人間との縁が切れないからだ、アチラが辞めるか、こちらが辞めるか。
それどころか建築そのものから逃げ出したいと思わせるほどに、その若者を追い込んだのだが、どうやらその事についてはあんまり何も感じないみたいで、
いけしゃーしゃーと残念ぶってるのかなんなのか。
まあ電話で聞いただけだからよくわかんないけど、とにかく若い芽が摘まれた事は事実だ。



建築
この業界は、才能がいるなあと思ってる。

色んな才能があるよ
・相手のせいにする
・黙らせる
・休みがなくても困らない
・耐えられる

やっぱ建築ってブラックだわ。
監督も職人も、若者の定着率が低いわけだよ。
うちの会社も去年若い子が辞めたよ。
それもある日突然、逃げるようにして辞めた。
未来ある若い子は、止められないよね。
嫌んなる気持ちもわからんでもないから。


でも僕は辞めませんよ。今のところはね。
何故って、仕事はキツイ時も苦しい時も多々あれど、そこそこ面白かったりするしね。
苦しんだ分、成長を感じられるよ。

しかしそれは、勤める会社や付き従う上司に大きく左右されるよなあっていうのは、やっぱり強く感じるね。
退職する人たちは、その辺の運が悪かったんだなあ。
過去のわたくしと同じく。

それを耐える事が美徳だなんて、一ミリも思いません。
辞めたいと思ったら、それは正常な反応です。

その事に気付いていない大人が、多過ぎるんだな。
いやね、適当にだらだらやってるようなんならぶっ飛ばしなって思うけど。
一所懸命やってるのに、それを意地悪して潰すようなやつは、人間じゃねえ。






にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。

posted by ブラックマン at 00:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

ブラックマン、心の闇を吐露。あとたぶやんのこと。


ADE80848-EFAD-4406-9274-32A72B9045B1.jpeg

レトロゲーム実況と言えば、もっぱたぶやんよね。
たぶやん最高好きだぁんね。
適度なカット、真面目なプレイ、適正な音量バランス、適した声質、レトロゲームの趣味。
言うことありませんね。
あれ…?これってもしかして…ファンってことなのけ…?

https://www.youtube.com/channel/UC26E84mYuLo27yO-ivsmBdg



お疲れ様です。
ブラックマンです。

20代までは、ずっと接客や販売の類の仕事しかしてこなかったわたくしですが
30代から心機一転、建築の世界に勤めております。
あれからもう3年も経つんだなあ…。


建築の世界には、多様な資格が存在します。
有名どころだと建築士だの施工管理技士だのありますが、
細かいところでは、玉掛けだの、溶接だの、クレーンだの、高所作業だの、なんだのかんだの、たーくさんあります。
(厳密に言うと、資格というよりは講習の修了証といった方が正しいのかも知れない)


この辺の細かいところの資格は、試験勉強なんてそんな大それたもんではなくて、何日かの講習を経て、形式のような試験を受けて、それで簡単に付与される類のものが多いです。

その辺の工事現場によくいるドカタのアンチャンみたいな方々も、経験に応じてそれは多様な資格を実はお持ちだったりします。


それでですね、わたくしも「職務上必要とまでは言わないが持っていた方が何かと良かろう」という会社の思惑により、
そんな感じの細かいところの資格の一つを取るべく講習に通っています。

余談だけど、その講習から試験の数日間は日中完全に拘束されるので、通常業務には影響ありまくりだったりします。オウフ。



話を戻します。

そんな講習ですので、今年入社の一年生かな〜みたいな若い方から、中途採用っすか〜みたいなおじさんまで多様なる人々が集まっているのです。



そんな中の、ひとりの若者の話。

今日はその講習の中での、いわゆる「実技の試験」の日でした。
といっても、予め決められた工程を、工程通りに速やかに行うという類の物であり、
事前にがっつり練習させられるので、そう大した内容ではありません。


ただ、この工程が一つは一つは単純なくせに、数ばかりやたらとある。
やれ合図が抜けただの、やれ指差し確認が抜けただの、そんなんがいちいち減点対象となり、
いかに練習を積んだとはいえ所詮は一夜漬けのようなもの、若者からおじさま連に至るまで皆が皆、抜けや漏れが発生しがち。
そんな感じのアレ。


みんな失敗を積み重ねて落ち込んだり開き直ったりしている中、その若者の順番が回って来たのです。

「落ち着いていきましょう」
わたくしは声をかけました。
すると彼は、ニヤリと笑みを浮かべ、こう言ったのです。


「ノーミス狙ってますんで(ニヤリ)」



あっ…

その時、わたくしは直感したのだ。
こいつは、わたくしが苦手なタイプの人間だと。

これはもはや、いくら説明しても、誰にもわかってもらえまい。
何が苦手なのか?自信があって、結構なことじゃないか。
自分でもそう思う。

これ以上、説明すればするほどに、自らの矮小さを晒すだけだと言うことは、わかっとる。
それはもう、じゅうーにぶんに、わかっとる。
でも言うのだ。
何故ならここは、わたくしのプライベート吐露空間だからである。
だから、いっいんでぇ〜っス。
ブラックマン国なんでぇ〜っス。





そしてその若者は、実際にノーミスでそれをやってのけたのだ。(多分)(先生の採点はわからないけど、わたくしの見た限りはノーミス)




ここからは、完全にわたくし個人の個人的な見解であり、何なら妄想である。
それをご理解の上でお目通し頂きたい。



彼は「勝ちたい」のだ。
「勝つ」事にこだわる人間なのである。
勝たないと意味が無いのだ。
だから、そのためにすごく人よりも努力したのだろうし、これまでも努力してきたのだろう。
それと同時に、頭の回転とか才覚とか色々あるんだろうけど。
とにかく、優秀なタイプと見た。


あくまでもわたくしの経験上だが、優秀なタイプの人と言っても、何種類かいる。
個人的には能力が高く調和を取れるリーダータイプが望ましいのだが、孤高の戦士タイプもいる。

彼は後者だ。
わたくしの嫌な思い出の経験則から成るアレが、ビビビと直感したのだ。


このタイプの優秀な人間は、おおよそ人を見下すようになる。
「勝てない」「勝てなかった」人間を卑下したり馬鹿にしたりするようになるのだ。


なんで?って言われたら困るんだけど…。
経験上、そうなんだよなー。
出来ない人間を「悪」とする傾向がある。

出来ない事は申し訳ないし、そりゃあ良くはないけど。
大体、「出来ない」事を容赦なく責めるのは、こういうタイプだ。

つまり、「なんで出来ないのか」が理解出来ないからだ。
そして、理解するつもりも無いからだ。



たくさんの受験生がいて、たくさんの人が失敗を犯した。
もちろん、誰しも好き好んで失敗したいわけでは無い。
残念ながら失敗したのは失敗したので事実なんだけど、そこに至るまでには必ず失敗しないための努力が介在する。
(稀にマジで努力してないタイプもいるけど)


だが、彼に言わせればそんな努力は無意味だ。
結果が全てなのだから、失敗したら意味無いんだ。

彼はこう思っていた事だろう。
失敗した同士で傷の舐め合い?ごめんだね。

(もう一回言うけど、ブラックマンの妄想だからね)


とても短絡的な結論を述べると、つまり他人の気持ちを考えるとか、思いやるとかが下手なタイプだ。
ドンマイではなく、出来る方法を一緒に考えようではなく、普通出来るだろう、出来ないと意味がないだろうで容赦なく切り捨てる。
そういうタイプだ。

ちなみにこういうタイプの人は、他人の意見に耳を貸す事も嫌いだ。
ただし、他人の意見を否定したり論破したり躍起になる事は好きだったりするのだ。
ああもう!いい加減にしろー!!!

(くどいけど、ブラックマンの妄想ですからね)



彼がノーミス(多分)でやり切った時、わたくしは彼に声を掛けた。
「さすがですね」

周囲の受験者たちも賞賛していた。

すると彼は、特に笑みを見せるでもなく、謙遜するでもなく、賛辞に対する礼を述べるでもなく、ただ黙って席に着くのであった。

その無言が、全てを物語っていた。
そんな風に感じた。

仲良しこよしの無能で悪かったなあ、つって。


ブラックマン、36歳と一ヶ月の夏。






にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 01:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする