2018年06月15日

思い出 その3

お疲れ様です。
ブラックマンです。

CC1EF86D-0DEE-45DE-87D0-D9C0119E1A1F.png

風の谷のナウシカを見たよ。
何年振りかなあ。

あたしゃ思い出したよ。
優しさや、思い合う心の大切さってやつをね。
争いは何も生み出しはしないのだ。
ナウシカが教えてくれたんだ。
生きる意味ってやつをね。
生きる理由ってやつをね。

人間が生きている事には理由があるはずなのだ。
わたくしは考えるのだ。
「このために生きてきたのだ」と思えるような、自分の全てを賭して挑めるような。
そういうものが、人間には必要なのだ。
「そんなものは錯覚だ」と言われようが、これは少なくともわたくしにとっては絶対に動かしようのない、絶対的なあれだ。

そうである事と、そうでない事は、互いに真理なのである、それは認めよう。
ただし、わたくしは前者をとりたい。
いや、とるべきだ。
絶対にとらなくてはならない。
そう考えるのだ。


初めてナウシカを見たのは、幼稚園生の時だったかなあ。
実家にビデオテープがあってね。
多分、金曜ロードショーの録画のやつでさ。
途中カットされちゃってるやつ。
どの場面がカットされてたんだっけなあ。
忘れたけど。




えーと、それでなんだっけ。
そう、思い出の話の続き。


エージェント的な会社さんを見つけたのだった。
そう、そこから始まる。
今を遡る事10年余り、ブラックマン、25か26くらいの冬。



その会社さんは、「就職ショップ」というやつだった。
覚えてる限りで適当に説明すると、割と若年者向けの就職支援のアレで、リクルートが運営だった。
はじめての就職、サポートします的な。
そんなアレ。


右も左もわからぬ世間知らずのボンクラをサポートしてくれるんだって?
そんな人たちが本当にいるのかい?


でも、疑ってたって、しょうがない。


資本主義の世の理をツユも知らぬ若造は、そこに善意しか見出せない阿呆だからわかんなくてもしょうがないのだが、

まあ要するに、若者を採用したい企業は就職ショップに求人の依頼をかける。
就職ショップは、サポートしますよと言って働きたい若者を募る。
見事その若者が当該の企業に入社した暁には、就職ショップは照会料的な金銭を受け取り、利益を得る。

たぶんそういうアレだ。
今は大人だからわかるんだ。

そこには善意と悪意が混在しているはず。


若者の就職を支援するという善意
企業の採用を支援するという善意

これらは性善説によって成り立つ


しかし、リクルートの人たちも善意だけでは生きていけない。
霞食って生きていけるわけじゃない。
利益を得ねばならない。


そこには、若者と企業のマッチング、向き不向き、見せ方と魅せ方、様々なアレがナニしている。


悪意は、そういうところから生まれてくる。
本人も知らずのうちに、あるいは、承知の上で。




優しさや思い合う心

これらとは絶対に相容れない、それぞれが生きるための、生き残るための必要悪。


そういうものが、必ず介在するのだ。


続く





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


posted by ブラックマン at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

思い出 その2

お疲れ様です。
ブラックマンです。

B453ED63-7D1A-48DA-9E22-533DCD1C5478.jpeg


図面が間に合いません…。


自分で図面が描けないわたくしは、外注さんに依頼してます。
でも外注さんも忙しくてね…。
それに組のチェックバックが遅い上に、設計上整合性に欠ける部分も見受けられる。
これを見過ごして突き進めば、後々揉め事に発展すること間違い無し。
だから、わたくしは、経験不足でわかんないなりに頑張って、会社の上司とかを忙しい中捕まえて助けてもらったりするんやね…。


でも工期は待っちゃくれない。
図面が間に合わないのは組のチェックバックが遅いし不正確だからなんだけど、うちの外注さんの図面修正が遅いという理由もある。
そうすると、組としては工期が遅れるとえらいことなので、自分たちのあれはさて置いて下請けの事は叩くんやね…。
思うところあれど、喧嘩してもしゃーないし…。
ていうか社長のお客さんだから、下手したら自分がダメージ食うだけだしみたいな。



いやん、もう、そんな話からは目を背けて。
積極的に後ろを向こうよね。



思い出の話ね。
前回どこまで話したっけ?
えーと、就職活動をするのだけど、何をしていいかわからず固まってるところからだったかな?



んーと、何からやってたっけかなあ。
何せ職務経歴が無いものだから、職務経歴書なんかもちんぷんかんぷんだし。
なんなら、履歴書の職歴欄だってどうすりゃいいのよと。
そんな感じだったんだなあ。


そんなこんなでも、ウエブ経由でいくつかの中小企業に応募してみたんだったかな。
ITとかそういうのに応募した気がする。


中小企業のホームページってさ、「リクルート」だとか「採用情報」だとかってコンテンツがあってさ、メールフォームみたいなところから直接応募出来るようになってるのが多いんだよね。

今にして思うけど、そんなところから応募してくるやつなんて普通はそんな相手にしたりはしないと思うんだけど。
(タイミングとかにもよると思うけど)

大手の企業だったら、そこからリクナビとかに飛んだりするよね。



でまあ、中小企業に応募しましたと。
そんでまあ、当然返事はなしのつぶてと。

そりゃそうだよね、職歴は無いわ未経験だわ、志望動機みたいなのも何書いたか覚えてないし、

まあ何かは書いてるんだろうけど、その業界の経験も見識も何も無い人間なわけで、なおかつ宝焼酎のダメ人間のフリーターでしょ。
大したこと書けてるわけもないでしょうよと。
応募された中小企業さんからしたら、それこそ、冗談はよしこさんてなもんでしょうよ。


そうやって薄々と、どうやらこの方法ではダメなようだな?
と勘付いてくるわけです。(遅い)



どうしたものか…。

そんな折、わたくしは出会ったのです。
いわゆるエージェント的なことをしている会社さんのホームページに。


続く





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

思い出 その1

お疲れ様です。
ブラックマンです。


8C08CF48-59CC-4C96-AEC3-0A94D3B992C1.jpeg


わたくし、過去は携帯電話の販売員をやっておりました。
26歳くらいから始めて、32〜33くらいまででしょうか。


専門学校卒業後はフリーター生活その日暮らし真っしぐらのわたくしでした。
当時は当時で目標(夢想)のようなものがあって敢えてフリーターしてたわけですが、
その甲斐もあり二十代も半ばにして世間知らずもいいところの甲斐性無しで酒浸りのロクデナシみたいなのに無事成長を遂げたのです。

趣味はブックオフ巡り、100円で買ってきた何冊かのコミックを読みながら宝焼酎(4L)で酔っ払うことでした。(大袈裟だけどあながち嘘でも無い)



いい歳して社会人経験はゼロ、
世間に疎く興味もあまり無かったので、
自業自得、致し方ないところかなと思います。


当時お付き合いしていた女性がおりまして、付き合いを深めるうちに互いに結婚を意識するようになりました。
しかしなにせ世間知らずでボンクラのフリーターの事、常識も貯金もクソもあったものではありません。

そこで初めて「ちゃんと働かないと」という意識が芽生え(環境に置かれ)、
齢25、6にして「正社員にならねば」と闇雲に動き始めたのでした。



そうと決まれば善は急げ。
取り急ぎ、求人情報を得ねばならない。
テレホタイム時代に夜更かしして青春時代を過ごしたアレですので、先ずはインターネットです。

インターネットが十分に普及し、日本国内でもチラホラとスマホが登場し始めていた時代。
iPhone3GSが発売されたちょうどあの頃。


わたくしはパソコンの画面に向かい、求人情報を求めるのでした。



でも何していいかわからない。


それもそのはず
就職活動なんてしたこともなく、せいぜいコンビニやパチンコ店のアルバイトに応募した事がある程度の求職経験があるのみ。


わたくしはパソコンの画面を見つめながら、自分が何からすれば良いのかわからず、途方に暮れるのでした。



続く





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 22:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする