2018年05月26日

キャバレークラブの思い出

お疲れ様です。
ブラックマンです。

51909591-537B-497F-9079-AD1B6CDC601D.jpeg


ブラックマンです。
どうも。



ブラックマン・35歳

これまでキャバレー経験ゼロの男でしたが、現在の会社に勤めるようになってから、既に3回もキャバレーしております。
(妻にも公開済み)



第一回
上司らのお酒のお供をした際、三次会くらいで連れて行かれる。

ついてくれた女性その1
大柄な若い女性。太っているではなく、背が高く骨太だった。
普通の若い女の人という感じだったが、特に聞きたい事もなく、割と無言で過ごす。
名前は知らない。
名刺くれず。

ついてくれた女性その2
普通の若い女性。
話しかけてくれていたような気がするが、特に聞きたい事もなく、割と無言で過ごす。
酒に飲まれて記憶薄し。
名前は知らない。
名刺くれず。




第二回
上司らのお酒のお供をした際、二次会くらいで連れて行かれる。

ついてくれた女性その1
30後半くらい?の女性。
胸の谷間の強調された衣服を着用していた。
ボディコニアンだ。
盛り上げようとしてくれていた気がするが、特に聞きたい事もなく、上司の両手に花の右側になるよう話し、お任せし静かに過ごす。
両手に花で盛り上がった上司に好きな体位を発表するよう指示されたが、曖昧な笑顔で濁す。
名前は知らない。
名刺くれず。

ついてくれた女性その2
ぶっきらぼうな若い女性。
タメ口で適当な相槌を打つという特徴があった。
こちらも適当に過ごす事が出来、キャバレーの楽しさを少し覚える。
名前は知らない。
名刺くれず。



第三回
取引先からの接待を頂いた際、二次会で連れて行かれる。

ついてくれた女性その1
30後半くらい?の女性。所謂馬面であった。
盛り上げ上手で割と話しかけてくれた。
特に聞きたい事もなく、どうでもいい質問をしたりするがそんなに広がらない。
名前は知らない。
名刺くれず。

ついてくれた女性その2
30後半くらい?の女性。ぽっちゃりしていた。
おばあちゃんちの地元が同じで、懐かしい地名の懐かしい公園の話などが出来、
「どうでもいい質問もたまには役に立つな」と思った。
だがそもそも特に聞きたい事があるわけでもないため、それ以上広がらない。
名前は知らない。
名刺くれず。

ついてくれた女性その3
普通の若い女性。
歯列矯正の金具を装着していた。
地元生まれ地元育ちで地元のキャバレーで働いているとの事だった。
だがその話に興味があるわけでもなく、「どうでもいい質問は高確率でどうでもいい話しにしかならないな」と思った。
名前は知らない。
名刺くれず。




番外
キャバレースナックという店舗。

ついてくれた女性その1
若い女性。ブルゾンちえみに似ていた。
特に話したい事もなく、割と無言で過ごす。
名前は知らない。
名刺という文化は本当に存在するのか?

ついてくれた女性その2
そのお店のママ。
60代?片言なので、日本人ではなさそうだ。
自分で漬けたというキムチを振舞ってくれたが、キムチは苦手だった。
「なんならこんくらいの方がめんどくさくなくて楽だな」と思った。
名前は名乗っていたが忘れた。
マタキテネと言っていた。



のたり松太郎の松太郎と田中のような楽しみ方ができるのはいつの日か?


今日は22:00まで残業しました。
あー疲れた。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 00:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

真・社員旅行

お世話になっております。
ブラックマンです。

E9A3CB12-B19C-49BB-8940-F22876D46215.png

前回のタイトルと記事の乖離具合が酷かったので、今度こそ社員旅行の話を。
記事の内容と画像の乖離具合も酷いけどね。


弊社では7月に社員旅行に出掛けるそうです。

行き先は?海外(アジア方面)
日程は?二泊三日


えーまじで??
大丈夫??

あのー、仕事。
仕事大丈夫???


予定入れないようにねとの指示ですが、そんなこと言ったって…?


現場は待っちゃくれないからなあ。
でもなあ、現場あるから行けませんてのも、いかにもあれだしなあ。
うまいことやるしかないな。



ちなみにわたくし、海外は初めてです。
(どうでもいい情報)

社内のおじさま方は、買春に勤しむご様子です。
ご苦労様です…。


なんか色々びっくりだけど、そんなもんなのかねえ。
パスポート自腹なのが難だなあ。
旅行いらないから寸志くれよって思っちゃうけど、そういう自分どうかと思う。

まあたまには羽を伸ばすのもいいかーって。
思ってはいますけどね。


ああ、写真撮ってきて、そういう記事書くのもいいかなあ。
ほら、海外旅行の写真のアレとかさ、よくあるじゃない。
そういうやつ。

うーん。


どーでもいいかなあ。
だよねえ。





にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ






↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。



posted by ブラックマン at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社員旅行

お疲れ様です。
ブラックマンです。

1BE1C007-5E36-4A57-B771-DA3AEEE1E889.jpeg

おひさしぶりでございます。
ただ、それだけのこと。
何事も無かったかのように。
日々は繰り返すのです。
ンーふふふ。


日頃忙しくお仕事に従事させてもらっておりますブラックマン君ですが

今週は輪をかけて忙しいです。


帰宅午前様がこれで3回目ってどういう事だってばよ。
いままだ木曜が終わったところやで。
まともに帰れたの水曜だけ。(まともと言っても19:00あがり)

月曜・火曜・木曜と、23:00あがりスコアを叩き出しております。


うーん、理由はわかってるんですけど。



理由1
官公庁のお仕事を担当している。

これがまー厄介でして、とにかく融通がきかない。
全部教科書通り。
実際の作業に取り掛かる前に色々書類があるんですが、これがまーめんどくさい。
あくまでも教科書通りに、全部が教科書通りになってないと全部NG。

普通そんなとこまで書かないっすよ、みたいなところまで全部書かないとダメ。


EX
水を出す場合は蛇口をひねる。
蛇口をひねる際は一気にひねりすぎると水が出過ぎてアレなため、注意してひねる。
水が出て来たら必要な量を目視にて計測しながらコップへ注ぐ。
コップは右手で持ち、ゆっくり口へと運ぶ。
その際、コップから水がこぼれないよう、コップに注ぐ水量および水勢には十分に注意を払い、斜め下45°程度の角度から唇にあてがう。
蛇口をひねる作業は十分な経験を積んだ大人が行い、経験年数2年未満の小児が行う場合は監督員として親が立ち会う。

こんな感じです。

そんで、「45°の根拠は?」とか真面目な顔で聞かれたりする。

「蛇口をひねる角度は何度か?」とか。


ふざけてません。




理由2
大きな見積もりの積算にどハマりしている。

これね。
積算といいまして。
建築のお仕事というのは、基本的には見積もりから始まります。
とにもかくにも見積もり。
猫も杓子も見積もり。
万事が万事見積もり。
背に腹は見積もり。

見積もりっていうのは、「この工事やるならいくらいくら円かかるよ〜」を算出することですね。

積算というのは、見積もりの前段階です。
「この工事やるには、この材料がこんくらいかかって、人手がこんくらいかかって、そのほか色々がこんくらいはかかるよ〜」を算出する。
これを積算といいます。


見積もりは営業さんの仕事なので、施工管理的ポジションのわたくしにはあんまり縁遠い話。
(施工管理は営業が見積もって作成した予算内で仕事を円滑に納めるのが主な仕事)


でも、何分にも我が社は小さい会社ですので、見積もりのお手伝いをしたりします。
それが積算。

簡単な工事ならいいんですけど、大規模な工事になると、まー大変。
目も当てられない。
営業さんご苦労様ですって感じ。



うーん、口下手で、うまいこと説明できないんだけど

この砂利が何トンとか、この鉄が何トンとか、数えたくないでしょ??



えーと、料理にたとえるとどうかな???


200トンのオムライス作るのに、材料がどんくらい必要かとか、何人がかりで何日かかるとか、設備どうするとか、考えるだけで嫌気さしてくるっしょ。



ゼネコンさんだとか工務店さんだとかのいわゆる「元請さん」は、そんな感じの見積もりを複数の業者に出し、一番条件の良かったところに発注をかけます。


そして、見積もり料というものは、存在しません。
これ重要。



せっかく苦労して見積もっても、受注を逃せば一円にもなりません。
間違いなく受注したければ、安く出すしかない。
相見積もりと言いまして、これが下請けの辛いところです。

受注を逃せば後に残るのは、辛かった思い出と、苦労した分だけの経験値…。
かと言って安く請けても、苦労するばかりでお金は残らないという、最悪のシステム。
おのれ元請、許すまじ。



いやいや、あいやまたれい。
それは早計であるよ。

ゼネコンさんだって、工務店さんだって、見積もりしてるんだった。

各下請け業者から集めた見積もりを取りまとめて、見積もりを提出しているんだった。

誰にって?
お施主さんにですよ。
いわゆる発注者の大元、お客様です。

個人だったらマイホーム、企業だったら自社ビルとかね。


そもそも、お施主さん自体が、複数のゼネコンさんとか工務店さんに見積もり依頼をかけて、相見積もりとってるんだった。

そんで一番安くてサービスの良いところに発注するんだったのだ。


だから、悪いのはお施主さんだ。
やめよう、相見積もり!
ストップザ相見積もり!


でも自分がお客さんだったら、安くて良い物が欲しいよね。


そうなんだよねえ。


全然関係ないけど、ジミ・ヘンドリックスって格好いいよね。



あと、タイトルと本文も1ミリも関係無かったね。
読み返してびっくりした。







にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村





↑ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。

posted by ブラックマン at 01:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする